入浴剤は、何がよい?(1)

商品開発担当の中田です。

 

 

 

 

 

 

 

                    
今日はあとぴナビの会員の方からいただいた、商品の選び方に対する質問について、お答えしたいと思います。

                              

●E・Yさんからのご質問
入浴について質問させて下さい。
冷えの症状は昔から感じていたのですが、今年の冬は特に寒さが厳しく感じられます。
入浴の温度は40度を超えないように気をつけていますが、30分ほど入浴していても、今一、温まった感じがしません。
入浴剤を入れたいと思うのですが、薬用重炭酸湯と濃縮温泉のどちらを入れた方が良いのでしょうか?

                                  

E・Yさん、ご質問ありがとうございます。
冬の時期、入浴に関する質問の中で、薬用重炭酸湯と濃縮温泉のどちらを使用すれば良いのか、というご質問は意外と多くいただきます。
薬用重炭酸湯と濃縮温泉について詳しくは、新しく開設された商品の説明サイトでご覧ください。

・薬用重炭酸湯
https://atopinavi.info/bath_sanitary/yjt/

・濃縮温泉はこねの湯
https://atopinavi.info/bath_sanitary/hkn_c/

※あとぴナビ商品カタログサイトは、スマホに最適化したサイトです。パソコンでご覧になる場合には、ブラウザの横幅を狭くすると、見やすくなります。
使い分けについて、大まかに分けると、スキンケアの働きを重視する場合には「濃縮温泉はこねの湯」を、冷えの解消を重視する場合には「薬用重炭酸湯」を選択するようにすると良いでしょう。
薬用重炭酸湯は、医薬部外品の入浴剤で、冷えの解消に効果があります。
濃縮温泉はこねの湯は、浴用化粧品の許可を得ており、乾燥対策などに役立ちます。
それぞれ、お肌や体の状態に合わせて使い分けると良いでしょう。

では、その使い分ける理由については、明日に続けたいと思います。

                          
おまけ★★★★北のつぶやき

昨年、新しく開設されたあとぴナビの商品カタログサイトはスマホに最適化されて、見やすいサイトです。
ぜひご覧くださいね。

・あとぴナビ商品カタログサイト
https://atopinavi.info/