今年はインフルエンザに十分な注意を。

東です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                            
昨日は、ショウゴくんがインフルエンザの話題を取り上げていましたが、外国でもインフルエンザの記事が出ていました。
          
         
●保健当局 インフルエンザ感染拡大を危惧 今年約9000人の感染確認
https://bangkokshuho.com/thaisocial-151/
          
タイ保健省疾病対策局のスワンナチャイ局長はこのほど、不安定な天候に伴う人々の行動パターンの変化などによりタイ国内でインフルエンザの感染が拡大する恐れがあるとの見方を示した。
インフルエンザ感染者が多いのは、北部のチェンマイ県、パヤオ県、ラムパン県、南部のスラタニ県、バンコク都など。今年に入り国内で確認されたインフルエンザ感染者は合計8856人あまりで、うち1人が死亡している。
        
         
世界中で流行している、というわけではありませんが、その兆候が現れている可能性は否定できません。
特に、今年は、新しいインフルエンザの薬に対する耐性ウィルスが見つかっているようなので、パンデミック(大流行)への備えはしっかり行う必要があるかもしれません。
       
●インフルエンザの新治療薬ゾフルーザに耐性を持つウイルス発見 未知の副作用を指摘も
https://news.nifty.com/article/economy/business/12136-174622/
        
最近は、取り上げられることが少なくなってきましたが、新型インフルエンザの脅威が少なくなっているわけではありません。
今回のような耐性ウィルスが広範囲に慢性した段階で、新型インフルエンザのパンデミックが起きると、真剣に「スペイン風邪」の再来を心配する必要が出てくるでしょう。
個々人でできる範囲での対策はしっかりとっておくようにしましょう。

                      
おまけ★★★★南のつぶやき

インフルエンザの「怖さ」は知られるようになってきましたが、いまだに「気力で・・・」といった無茶な対応を行う人がいます。
インフルエンザのパンデミックを防ぐもっとも有効な方法は「隔離」であることを忘れないようにして欲しいと思います。