【閑話休題】ホルモンと性格の関係?

ショウゴです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                         
ヒトの性格に血液型が関わっている、というのは良く知られているけど(実際に関係があるのかは別にして)、性ホルモンも性格には深く関わっているみたいだね。
            
            
●性ホルモン産生酵素が個人の性格・気質に関連する
-脳内アロマターゼ量は攻撃性、協調性と相関する-
http://www.riken.jp/pr/press/2019/20190115_1/
               
理化学研究所(理研)生命機能科学研究センター健康・病態科学研究チームの渡辺恭良チームリーダー、高橋佳代上級研究員らの共同研究グループ※は、脳内で発現する女性ホルモン産生酵素「アロマターゼ[1]」の発現量がヒトの性格の個人差に関連することを、陽電子放射断層画像法(PET)[2]による脳画像解析で明らかにしました。
本研究成果は、ヒトの性格・気質を生み出す生物学的基盤の理解や、社会性に問題を抱える発達障害[3]の症状改善方法の探索に貢献すると期待できます。
今回、研究グループは、健常男性11名と健常女性10名を対象に、女性ホルモン産生酵素のアロマターゼに特異的に結合する化合物[11C]Cetrozole[4]を使用して、脳内アロマターゼの分布と量をPETで測定しました。またその際、質問紙を用いて個人の攻撃性と協調性などの性格・気質を測定しました。その結果、女性においては扁桃体[5]におけるアロマターゼ量が多いほど攻撃性が高く、男性・女性ともに視床[6]におけるアロマターゼ量が多いほど協調性が低いことが示されました。これにより、ヒトの性格と脳内のアロマターゼ量の関連性が示され、それには性差があるものと両性共通のものがあることが分かりました。
本研究は、英国の科学雑誌『Scientific Reports』(11月15日号)に掲載されました。
       
          
ヒトの性格は、いろいろな要因で左右されると思うんだ。
気持ち、という目に見えない要因も絡むからね。
でも、広く統計をとると、こうした体のある因子が性格に影響を与えている、となると結構、興味深いところだよね。

                           
おまけ★★★★博士のつぶやき

アトピー性皮膚炎の状態によって、気持ちが左右される、ということは経験したことがある方も多いじゃろう。
状態が良ければ、気持ちも落ち着き前向きになれ、状態が悪ければ落ち込む。
当たり前のことじゃが、ここに、内分泌などの影響が関わっている、とするならば、炎症など内分泌によりコントロールされている要因にも間接的な関係が見られるのかもしれんの。