【閑話休題】スマホの使い過ぎは、睡眠不足に注意を

ショウゴです。

 

 

 

 

 

 

 

 

                         
今日は、Webで見つけた健康に関する記事を紹介するね。
        
          
●「画面見すぎ」よりも睡眠不足に心配を、オックスフォード大
https://www.technologyreview.jp/nl/parents-avert-your-eyes-screens-arent-as-bad-for-kids-as-you-think/
          
子どもたちにとって画面は良からぬものだとは誰でも知っている。あるいは私たちの誰もがそう考えていたかもしれない。だが、新たな研究によると、画面を見ている時間が、うつ病や自殺といったことと必ずしも強い関連があるわけではないという。
1月14日付けの『ネイチャー・ヒューマン・ビヘイビア(Nature Human Behavior)』誌に発表された研究によると、35万5000人以上の10代の子どもたちを対象に実施されたサーベイ調査の結果から、画面を見つめることにはある程度の望ましくない影響もあるものの、懸念されるほどのものではないと分かった。画面を見つめることによる健全さへの影響は1% 以下だといい、睡眠時間のほうがずっと大きな影響をもたらすという。
BBCによれば、英国王立小児科小児保健学会(RCPCH)もまた先週、画面を見つめることが健康に害を与える証拠は無いと述べた。
それではなぜいつも画面が悪者扱いされているのだろう?それは統計上の加工、おそらくは意図的な操作によるものかもしれない。サーベイ調査結果のデータには多くの解釈の仕方がある、とオックスフォード大学オックスフォード・インターネット研究所のアンドリュー・プシビルスキ所長はいう。新たな研究の共著者でもあるプシビルスキ所長は、「研究者たちは、世間に発表できるような統計的に優位な結果が出るまでデータをいじり倒すのです」とワイアード(Wired)に語っている。
          
         
日本では、ブルーライトの問題が過去に記事になったことがあるけれど、イギリスでは、睡眠時間の方を心配しているみたいだね。
アトピー性皮膚炎に対しては、睡眠不足自体が大きな問題となるから、いずれにしても、スマホの使い方には注意した方がよいかもね。

                           
おまけ★★★★大田のつぶやき

アトピー性皮膚炎の方で、スマホの使い過ぎは、やはりよくない傾向があるように感じます。
その原因がブルーライトのせいなのか、他の要因なのか、あるいは今回の記事にあるような睡眠の問題が関係するのか、どこにあるのかは明確ではありませんが、スマホを見ている時間が長い方ほど、症状の治りが悪い、という傾向があります。
気になる方は、気をつけてみるようにしましょう。