冬のアトピーケア(スキンケア)は適切に行いましょう(2)

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

                      
昨日の続きで、どういったケアが必要になるのかを見ていきましょう。
        
         
▼目標は「角質層内に水分を与えて留める」ケアを
       
表皮の育成因子が不足しているアトピー性皮膚炎の方にとって、「目標」とすべき角質層の状態は、「角質層内に水分を与えて留める」というケアになります。
角質層内に水分を維持できることができれば、健常な角質層の形成を保ちますし、痒みを知覚する神経線維を再び真皮内まで押し戻すことができます。
そのためには、「角質層に必要な水分を与える(保水)」「与えた水分を角質層内に留める(保湿)」というケアが必要になります。
乾燥時期は、角質層からの水分蒸散量は増加する傾向が見られます。
アトピー性皮膚炎の方の多くは、皮膚のケアは行っていると思いますが、「水分」を角質層に与え切れていない状況のケアを行っている方が多いようです。
かき傷が多いと、水分系のアイテムはお肌に浸みやすくなります。そのため、浸みることを敬遠して、保水が十分にできていないケースや、あるいは病院でもらう保湿剤はワセリンが多いのですが、こうした鉱物系の油脂は水分を全く含んでいないため、角質層の保護は行えても、基本となるべき「保水」ができておらず、「健常な角質層の保持」「痒みを知覚する神経線維の問題」を解決できずに症状が一進一退を繰り返すケースが少なくありません。
皮膚に塗布する油分は、角質層内の水分蒸散を抑える役割がありますが、角質層内の水分がもともと十分でなければその意味は薄れますし、角質層内の水分不足を解決することもできません。
皮膚に塗布する「油分」は水分の蒸散を防ぐ補助的な役割であって、アトピー性皮膚炎の方にとって必要なスキンケアの主体は「水分」であることを忘れないようにしましょう。

▼オイルだけのケアは、「誤ったケア」になることもある

先に述べたように、アトピー性皮膚炎の方のダメージを受けた肌状態に対して必要なのは水分ですが、水分は基本的にかき傷に浸みることが多く、水分を多く含むアイテムでのケアを敬遠しがちになります。
しかし、そういった「水分が必要な肌状態」なのに、水分を与えず、オイル系のケアだけ行っても、「角質層が痒みを必要としなくなる改善のためのケア」とは程遠い状況になります。
乾いた砂場をブルーシートをかけても、砂場自体は潤った状態ではありません。乾燥した肌状態にオイル系のケアのみを行うのは、ブルーシートをかけただけの状態と言えます。
砂場に、「必要な水分量」を撒いて(ジョウロで水をかけるのではなく、バケツで水を撒くぐらいの量が必要なことが多い)、与えた水分の蒸散を防ぐためにブルーシートをかける、ということが大切になります。
もちろん、オイルのケアを行うことで、一定の「保護」の機能が働きますので、掻き壊しが軽減する、といったメリットはありますが、痒みを改善するためにはやはり角質層の水分は不可欠です。
かき傷の多いアトピー性皮膚炎の方が行う「誤ったケア」方法として、このオイルのケアのみで留めている、といったケースは多いため、気をつけるようにしましょう。

明日は、時々、質問をいただく、脱保湿について考えてみましょう。

                     
おまけ★★★★西のつぶやき

新年、おめでとうございます。
今日のブログのポイントは、「角質層に水分をどのように留めるのか」という部分になるだろう。
健全な肌状態と比べて、アトピー性皮膚炎の方はどこが違うのか、という視点で見ると、やはり「バリア機能」という部分は大きい。
そして、このバリア機能を低下させる大きな要因が、角質層の乾燥状態にある。
ポイントはしっかり抑えてケアを心がけて欲しい。