年末年始の寒波対策について(3)

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                      
今日も、昨日の続きです。
冷えの対策について考えていきましょう。

                           
▼冷え対策

「冷え症」というと、一般的には「手足が冷たい」状態を指すというイメージがあるかと思います。
しかし、「手足が冷たい」という状況は、冷え症(冷えの状態)の結果、体に現れる「症状」であり、冷え症の「本体」は、全く別のところにあります。

体温は、体の中で作られます。基本的に、筋肉や内臓、骨でも熱は作られます。
この作られた熱は、血液を介して、体の各部位に運ばれます。
手足も同様、手足が冷たい方は、体の中で作られた熱が「上手く運ばれていない」方であり、温かい方は、上手く運ばれている方、ということです。

そして、体温が高くなる状態があれば(高温での入浴など)、血液で運ばれる熱が内臓機能に悪影響を与えないよう、角質層からの水分蒸散により(気化熱)、体温を下げようとします。
体の深部温度は、体表ではかられる温度にプラス1~2度を足した温度になります。
おおよそ38度前後が、ヒトが本来、必要とする体温と考えてよいでしょう。
ヒトは恒温動物ですので、生命維持に必要な温度差は非常に少なく、数度高くても数度低くても、生命維持が困難になります。

このように、ヒトの体は、血液と角質層からの水分蒸散で体温を調節しているわけですが、寒い時期は、基本的に外部に熱が奪われないように体は機能します。具体的な働きとしては、重要な内臓の熱が奪われないよう、血管を収縮して、血液の流量を落として、他の部位に熱が運ばれないように調節します。

この状態が反復継続されて続くことが「冷え」の状態です。
血液で熱が運ばれませんから、当然、末端の部位(手足など)が熱をもたない冷たい状態に陥ることになります。
そのため、「手足が冷たい」状態を冷えの状態と考え、手足を温める、という方法を行うわけですが、実は、この方法では、「血液の流れが悪い状態」を根本的に改善はしていません。いわゆる「対症療法」ということです。
冷えの対策は、基本的に、体が必要とする熱を「ゆるやか」に体に与え、血管を拡張して体の各部位に熱を運ぶ状態を保つことが必要になります。

では、「血管を拡張させる」ためにはどうすれば良いのでしょうか?
続きは明日です。

                         
おまけ★★★★西のつぶやき

冷えの対策として、手足を温める、という選択をする方は多いが、一時的な対処としては十分な対策になっても、それ自体は、冷えを解消するための根本的な対策にはならない。
冷えの対策は、熱を運ぶ血管の対策が必要になる、ということだが、同様に、アトピー性皮膚炎の痒みの対策も、「痒み」をどのように感じさせなくするのか、という対策は、アトピー性皮膚炎という病気の解消には必ずしも連動しない、ということを忘れてはならないだろう。