手荒れの原因と正しいケアとは?(1)

東です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                     
冬は、手荒に悩む方も多いと思います。
今日は、手荒れに関する記事を紹介しましょう。
         
        
●手荒れが治らない人必見。手荒れの原因や正しいケアの方法を確認!
https://news.goo.ne.jp/article/bibeaute/life/bibeaute-241943.html?from=popin
        
▼手荒れの原因は?
       
手の甲や指先、指の付け根などの荒れに悩んでいませんか?特に秋冬はガサガサしたり白く粉を吹いたり、切れて血がにじんだり…という人も多いのでは?
手荒れの原因とは一体なんなのでしょうか。そしてどんな対策をとればいいのでしょうか。
       
▼手荒れの原因は乾燥だけ?
         
手荒れの原因としてまず思い浮かぶのは、乾燥ですよね。気温も湿度も下がる寒い季節は、特にお肌が乾燥しがち。肌の水分が失われやすく、皮脂の分泌も減るのでバリア機能が低下してしまいます。もともと手は皮脂腺が少なく、手のひらには全くありません。
バリア機能が低下すると刺激を受けやすい状態になるため、水仕事や手をよく使う…といった日常的な刺激に対しても敏感になり、手荒れにつながります。手はボディと違って衣服に包まれていないですし、一日中よく使うパーツなので、荒れやすい部分と言えます。
そのほか、アトピーやアレルギーなどの体質や、食べ物による肌トラブルなど内側からの原因も考えられます。
        
▼痛い手荒れの原因と対策は?
        
手荒れは、進行していくとかゆみや痛みも現れます。
       
指先がカサつく

手全体がカサつき、皮がむける

手がごわつき始め、部分的にひび割れができる

赤みができ、かゆみが生まれる

ひび割れから出血して痛みを感じる
          
重症になると痛みや水ぶくれから指が曲げにくくなってしまうことも。
荒れてしまう原因としては、前述したように乾燥によって刺激を受けやすくなっていることが大きいので、早めに対策をとって重症化を防ぎましょう。
            
・こまめな保湿ケアで乾燥から皮膚を守る
・なるべく外部刺激にさらされる機会を減らす
・寒い季節の外出時は手袋を着用する
      
などを心がけて。
       
▼洗剤も手荒れの原因に!
             
食器洗いの洗剤は、手荒れの原因のひとつ。油汚れを落とすための洗浄成分が、皮膚の油分までを奪ってしまうことがあります。またスッキリ洗うために熱いお湯を使う人も多いと思いますが、油汚れが落ちやすいということは手の油分も失われているということなんです。
毎日のことですから、肌に優しい天然由来の成分を使ったものをチョイスしましょう。着色料や香料などが無添加のものもオススメ。

          
         
今日は、まず前半部分を紹介します。
アトピー性皮膚炎の方は、「乾燥による手荒れ」が見られるケースが多いのですが、そこに加えて、他の原因がさらに悪化させることもあるので注意しましょう。
明日は、続きを紹介します。

                   
おまけ★★★★大田のつぶやき

食器洗いの洗剤だけでなく、ハンドソープなどにも注意が必要です。
炎症が見られている場合には、バリア機能が低下している、ということになりますので、保湿と保護を適切に行えるケアは意識するようにしましょう。