急激に冷え始めた日の注意点とは

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                    
先週の前半は、夏日を記録した地域もありましたが、一転、週末からは本格的な「冬将軍」が訪れ始めました。
ここ数日は、連日、今季の最低気温を更新する地点が増え続けています。
先週末ぐらいからのご相談内容を見ていても、気温の低下と共に、お肌の乾燥や冷えなどから生じる症状悪化のご相談が増加し始めています。
スキンケアと入浴で、お肌の乾燥対策、そして冷えの対策をしっかりと行い、年末に向けて症状の悪化を防ぐ対策をしっかり行いましょう。

●ここ一週間で、気をつけたいポイント

・アトピー性皮膚炎の方の皮膚は、健常な方と比較して、水分の不足が大きい状況となっています。たっぷり「保水」を行いましょう。

・与えた水分の蒸散を防ぐための「保湿」も忘れないようにしましょう。

・寒くなってきて、入浴が心地よく感じる方も多いと思います。しっかりと入浴を行い、じわっとした汗をかいて、入浴で「スキンケア」の効果を高めましょう。

・寒くても入浴温度を上げると、アトピー性皮膚炎の悪化要因になります。40度は越えないこと、その分、長めに入浴するようにしましょう。冷えの対策ができる入浴剤などをいれるのも良いでしょう。

                         
冬の症状悪化は、いったん悪くなった場合、掻き壊しによるバリア機能の低下が、次の掻き壊しを生んで、悪化状態が連鎖しやすいので、最初の悪化をまず防ぐことを心がけましょう。

                     
おまけ★★★★北のつぶやき

あとぴナビで過去に掲載された記事の中で、関連する記事を紹介します。
ご参考くださいね。

▼冬前のアトピー対策、準備ケア
・スキンケア
http://www.atopinavi.com/navicontent/list?c1=care&c2=2&c3=127

・入浴
http://www.atopinavi.com/navicontent/list?c1=care&c2=2&c3=126