入浴の温度はチェックししましたか?

こんにちは。南です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                
昨日の大田さんのブログで、汗をかくことの大切さが書かれていましたが、運動を行いづらい方は入浴で代用できます。
ときどき、入浴の注意点は述べていますが、寒くなり始めたこともありますので、特に問題となる入浴温度のおさらいを行っておきましょう。

ヒトの体内の温度は、深部温度で38度前後と言われています。
「熱」は、筋肉や内臓、骨などで作られ、血液によって運ばれますが、血流が悪いと、熱を十分に伝えられません。そういった状態が「冷えの状態」です。
そして、熱は内部からだけでなく、外部の熱も、血液を通して内部に伝わります。
入浴の際、体内の深部温度よりも高い温度にするとどうなるでしょうか?
例えば、42度など高い温度で入浴すると、ほとんどの方は、すぐに「息苦しさ」を感じてくるでしょう。これは、体内に42度の温度が伝わると「死活問題」になるため、体が入浴を中断させようと「つらくなる」のです。
また、体内に向かう血管は、熱を伝える量を減らそうと、流れを悪くして「冷えの状態」を作ります。しかし、直接、お湯に触れている体表面は、真っ赤になって熱を放散しようと血管を拡張します。
こうした血管の収縮、拡張は大きな体の負担となり、高齢者の入浴中の事故で最も多いのは、高い温度での入浴中であることが分かっています。

そして、熱をもった体表面は、入浴後、すぐにある「活動」に入ります。
それは、与えれた熱を「冷ます」ための活動です。
ヒトが熱を冷ます方法は、気化熱によるものが中心です。
角質層から水分を蒸散して、熱を大気中に逃がす方法です。
つまり、高い温度で入ることで、皮膚は「乾燥状態」に自ら陥ってしまう、ということです。

ぬるい温度は、皮脂を伴う汗が出ることでスキンケアの働きにつながりますが、高い温度での入浴は、逆にアトピー性皮膚炎の症状を悪化させる恐れがある、ということです。
寒くなってくると、どうしても体感の問題もあり、温度を上げ気味の方が増えます。
短い入浴時間ならば、そうした問題点も強く受けることはありませんが、入浴より得られる効果も失います。
入浴をアトピー性皮膚炎にとって、プラスの働きとして行うのならば、入浴温度には注意するようにしましょう。

                            
おまけ★★★★南のつぶやき

気温が低くなると、お湯の温度も確かに下がりやすくなるのは確かです。
だからといって、暖め過ぎれば、それはアトピー性皮膚炎にマイナスの要因となります。
じわっとした汗をかくように、ぬるい温度で長めに入るには、適した入浴剤などを併用することも一つの方法です。
適切な入浴を行いましょうね。