【閑話休題】チーズのアナフィラキシーで殺人?

ショウゴです。

 

 

 

 

 

 

 

 

                       
今日は、少し悲しい話題だけど、アレルギーの方にとって、気を付けた方が良いニュースを紹介するね。
           
          
●チーズを服に投げ入れられた13歳少年が死亡。殺人未遂容疑で同級生逮捕。ロンドンの中学校めぐり検死法廷
https://www.huffingtonpost.jp/2018/09/23/cheese-death_a_23538841/
         
イギリス・ロンドンの中学校で、Tシャツの中にチーズを入れられた13歳少年がアレルギー反応によるショックで死亡する事件が起きた。英紙テレグラフなどが9月19日に報じた。
西ロンドンのグリーンフォードに住んでいたカランビー・チーマ君が倒れたのは、2017年6月28日の昼前のことだった。チーマ君は小麦、グルテン、乳製品、卵、ナッツに対する重度のアレルギーがあり、喘息とアトピー性湿疹にかかっていた。インディペンデントによると、搬送先の病院で同年7月9日に亡くなった。
チーマ君の死んだことを受けて、検死法廷が開かれた。19日の法廷で、検死陪審員が救急隊員のキエリン・オパットさんから聞いた内容は、こうだった。
「ただのアレルギー反応」と通報を受けて到着したときには、チーマ君には意識がなく、苦しそうにあえいで、発疹が出ていた。チーマ君は、隊員たちが到着した直後に呼吸を停止したという。
オパットさんは、次のように続けた。
「私たちは学校のスタッフから、おそらく誰かがチーマ君をチーズを持って追いかけて、彼のTシャツにチーズを投げ入れたと聞きました。それによって、彼にアレルギー反応が生じた。かゆくなったほか、皮膚が非常に熱くなり、困難呼吸になりました」
同級生の13歳少年が殺人未遂容疑で逮捕されたが、今のところは起訴されていない。また、すでにこの学校には在籍していないという。
             
              
アトピー性皮膚炎の方で重度のアナフィラキシーを抱えている人は多くはないけど、皮膚のバリア機能が低下していた場合、アレルゲンとなる物質による抗体の急激な増加は、皮膚の接触でも起こり得ることは忘れない方が良いかもね。
例えば、日本では、ソバアレルギーがある人が、ソバはダメだからラーメンを頼んだら、ラーメンをゆでる釜でソバも茹でていたことを知らずにラーメンを食べたら、アナフィラキシーショックを起こして、救急車で運ばれた、というケースもあるみたい。
いずれにしても、こうした接触性の起炎物質には注意しておくようにしたいよね。

                    
おまけ★★★★大田のつぶやき

日本でも重度のアナフィラキシーを抱えている子どもが、誤って給食などで摂取して・・・という事故は、ときどきニュースになっています。
食物アレルゲンは、食べなければ大丈夫、というイメージを抱いている方もいますが、接触することで引き起こされることがあることは、注意して欲しいところです。