日本人の半数は不眠症?

東です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                           
暑さもようやく峠を過ぎたような感じがあります。
熱帯夜も少なくなってきて、寝やすい環境が整いつつありますが、睡眠に関する記事をWebで見つけたので紹介しましょう。
          
          
●国民の半数が不眠症? =7割「睡眠に不満」―寝具メーカー調査
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-00000006-jij-soci
          
日本人の約半数に不眠症の疑いがあり、7割の人が睡眠に不満―。
寝具メーカー東京西川(東京都中央区)が全国の男女を対象とした意識調査でこんな傾向があることが25日、分かった。
同社は7月、全国の18~79歳の男女1万人を対象にインターネット調査を実施。不眠症について、「寝付き」「睡眠の質」「日中の眠気」といった国際的な基準に照らし合わせた結果、「疑いあり」が49.3%に上った。「疑いが少しある」は18.2%、「心配なし」が32.5%だった。「疑いあり」は20代が最多の61.1%となり、30代(58.5%)が続いた。
睡眠の質では、「満足」が31.8%にとどまり、「少し」や「非常に」などを合わせた「不満」が7割近くに上った。「満足」は40代が最低の23.6%で、30代が次に少ない25.2%だった。同社は「働き盛りや子育て世代で満足な睡眠が得られない実態が明らかになった」としている。
睡眠時間が足りているかとの問いでも、「十分」と答えた割合は40代が最低の26.1%となり、30代の28.1%が続いた。
         
         
失った睡眠時間を、あとで補うことは不可能ではありませんが、補えるのは一部に過ぎません。
したがって、毎日の睡眠時間が十分に確保できているかは、「健康」という視点でみても、とても大切であると言えるでしょう。
特にアトピー性皮膚炎にとっては、自律神経や内分泌系に直接関係してきますので、まずは「睡眠時間を確保する」ことを最優先に考えたいところです。

                         
おまけ★★★★博士のつぶやき

生活習慣病の原因に直結するのが睡眠不足じゃ。
毎日、ヒトが行動できるのは、体内の内分泌や自律神経の働きのおかげなのじゃが、睡眠はその働きを調整しておる。
少しずつ足りない睡眠不足は、少しずつ内分泌や自律神経の働きも「足りない」状況にしておることがある。
生命維持に必要な睡眠の時間と、健康を維持するために必要な睡眠の時間、そして健康を改善するために必要な睡眠の時間は異なることを忘れないようにして欲しいものじゃの。