【閑話休題】夏に避けたい行動10選とは?(2)

ショウゴです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                    
今日は昨日の続きです。
        
         
●あなたは大丈夫? 知らぬ間にカラダを蝕む「夏のNG行動」10選
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180724-00010000-phpfamily-life&p=1
        
▼NG6 ゴミを出すのをうっかり忘れる
        
夏にゴミ出しを忘れてしまうのは悪臭の原因になり、決して心地よいものではありません。しかもそのダメージは快適な生活環境だけではなく、健康にも大きな影響を及ぼす可能性が。
じつはゴキブリはアメリカの都市部においては喘息を引き起こすアレルゲンの第1位。日本でもゴキブリアレルギーの患者さんは年々増えているのです。家ではその姿を見かけたことがないという場合も油断は禁物。見たことがない=ゴキブリがいない、ということはなく、出し忘れたゴミなどがあれば、見えないところで増殖してしまう可能性は高いのです。
ゴミはまめに出す、掃除をサボらないといった最低限のことは確実に実行して、ゴキブリを寄せ付けない住まいを目指してください。
        
▼NG7 家の小麦粉で手作りパンケーキ
        
コナヒョウヒダニはその名のとおり、粉物が大好物。このダニが交じった小麦粉を使って調理したパンケーキやお好み焼きなどが原因で重篤なアナフィラキシー発作を起こしたという症例が国内外で報告されています。
小麦粉に限らず、片栗粉などの粉物は、開封後はしっかり封をして、夏は必ず冷蔵庫で保管するようにしましょう。
        
▼NG8 冷房が効いた快適な部屋で1日中デスクワーク
         
適度に冷房が効いているオフィスでのデスクワークなら熱中症の心配もないと思っていませんか? 
じつは適切な水分補給をせずにずっと同じ姿勢で過ごしていると、下肢の血流が悪くなって血栓(血の塊)ができやすくなります。それが肺の動脈を詰まらせてしまうと、いわゆるエコノミークラス症候群を発症する危険性が。
冷房が効いている室内でも適切な水分補給を心がけ、時々足を動かしたり、マッサージをしたりして血流を促すことをお忘れなく。
       
▼NG9 夏バテ対策に栄養ドリンク
        
栄養ドリンクやエナジードリンクは大量に含まれるカフェインの効果で疲労感を軽減させるもの。
ただしカフェインの過剰摂取は血糖値の上昇を引き起こし、糖尿病の要因となる可能性が指摘されています。つまり、立て続けに何本も飲むのは健康を害するといっても過言ではありません。どうしても休めないときなどに一時的に頼る程度にとどめ、必要以上に摂取しないほうが無難です。
       
▼NG10 カレーを1日置いてから食べる
           
カレーは1日寝かせて食べるほうが美味しい、などとよく言われますが特に夏場は注意が必要です。
食中毒を引き起こすウェルシュ菌は加熱することで大部分が死滅しますが、一部が生き残り、温度が下がる途中の20~50度、特に43~45度の範囲で大量に増殖すると言われています。気温の高い夏場は、寝かせている間中、菌が増殖し続けるのです。
翌日まで保存する場合は、小分けにしてから冷蔵庫で冷やして菌の増殖を抑えた上で、よく混ぜながらしっかり再加熱してから食べましょう。
         
        
冷房や栄養ドリンクのところは、気になる人もいるんじゃないかな。
「ダメ」ではなく、対策を考えれば良いことなので、気をつけるようにしようね。

                            
おまけ★★★★大田のつぶやき

カレーや小麦粉のところは、ニュースになったこともあるので知っている人も多いかもしれません。
気をつけたいのは、「応用」して考える、ということです。
同様の条件が整う食材は、同じことが起きる可能性がありますので気をつけましょう。