【閑話休題】消毒が効かない菌?

ショウゴです。

 

 

 

 

 

 

 

 

                    
以前、耐性菌の話題を取り上げたけど、似た話題をWebで見つけたので紹介するね。
            
            
●アルコール消毒が効かない? 耐性菌の増殖に警鐘、豪論文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180802-00000037-jij_afp-int
          
病院で検出される細菌の中に、手洗い用洗剤や消毒液に含まれるアルコール性消毒剤が効きにくくなっているものがあり、感染症の拡大を招く一因になっていると、オーストラリアの研究班が1日に発表した報告書で警鐘を鳴らしている。
イソプロピルアルコールやエチルアルコールを基材とする手指用の消毒剤やせっけんは世界中で広く使用されており、耐性菌の一種のメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)を劇的に抑制してきた。
しかし研究班は、腸内細菌の一種で、医療現場で用いられるカテーテルや人工呼吸器などを介して広がる恐れのあるエンテロコッカス・フェシウムが増えていることに着目。
米医学誌「サイエンス・トランスレーショナル・メディシン(Science Translational Medicine)」に掲載された論文で、「アルコール性消毒剤を使っているにもかかわらず、耐性のあるエンテロコッカス・フェシウムが増殖しており、院内感染症の主因の一つになっている」と指摘した。
研究班はこの菌の増殖原因を究明するため、1997~2015年にオーストラリア・メルボルンの病院2か所から採取した細菌サンプルを分析。
その結果、「2009年以降に分離された菌は2004年以前の菌と比べて、概してアルコール耐性が強い」、つまりアルコールにさらされて死滅するまでの時間がより長いことが分かったという。
ただ研究班は、このような結果が得られたとはいえ、病院における手指用消毒剤の使用中止を提案する意図はないと説明。「病院や医療現場でエンテロコッカス・フェシウムを抑制するためには、アルコール性消毒剤だけに頼ることはできないということが示唆された」として、他の洗浄方法の必要性を提起している。
         
          
アトピー性皮膚炎の人は、特に夏場は感染症への注意が必要だと思うけど、治療としてイソジン消毒などを行っている人も多いと思うんだ。
注意が必要なのは、記事にある「アルコールにさらされて死滅するまでの時間がより長いことが分かった」という部分かな。
滅菌の仕組みは、用いる素材により異なると思うんだけど、菌の耐性が増えることは、決して望ましいことではないし、死滅するまでの時間は同時に、悪化させる要因としての時間でもあるから、アトピー性皮膚炎の症状にも直接関係してくるのかも。
ちょっと、注意して欲しい情報だよね。

                   
おまけ★★★★中田のつぶやき

アトピー性皮膚炎の方向けのスキンケアアイテムの中には、強力な殺菌作用を持つものもあります。
そうしたスキンケアアイテムが有効なのは、感染症の部位に働いているからですが、こうした菌の耐性の問題は、それら抗菌、滅菌、消毒に働くアイテムも避けては通れない問題なのかもしれません。
実際、強い消毒効果を持つアイテムを長期連用した場合、当初は症状が落ち着いていても、時間の経過とともに、肌の赤みが増えてきて、半年~一年で効かなくなる、というケースは多くあります。
関連性がエビデンスで示されているわけではありませんが、菌を殺すアイテムは、そのメリットとデメリットをしっかり把握しておくことは大切でしょう。