汗対策とオイル系のスキンケア

大田です。

夏

 

 

 

 

 

 

 

                     
今日は、汗とスキンケアの対策についてあとぴナビの会員の方からいただいたお便りを紹介しましょう。
          
●“安然宣言スキンクリームの薄塗りと適度な冷やし”
このケアで夏の汗による痒みを乗り切っています!
(O・Yさん、女性の方)
         
こんにちは。 お世話になっています、Oです。
湯治経過のご報告と、アクアゲインのレンタル延長のお願いのためメールいたしました。
とても暑い日が続いていますが、体力面では特に体調を崩すことなく過ごせています。
今は、左腕の肘の内側が一番、痒みとかさつきがありますが、他はだいぶ痒み、かさつき共におさまってきています。特に背中は今は痒みもほとんどなく、肌もだいぶ滑らかです。
一時期、掻くとすぐに皮がめくれてしまって、傷になりやすかった左側の腕の付け根のあたりも、だいぶ皮膚が強くなって、今は傷にはほとんどなりません。
そして、この間教えていただいた汗対策(安然宣言スキンクリームを薄く塗る)をやってみたところ、汗をかいても痒みが出にくくなりました !
特に外出先で汗をかいて、痒みが出ていたのですが、教えていただいてから、気になるところに何度も試してみましたが、痒みの出方が全然違って、特に左腕の肘の内側や左腕の付け根などはだいぶ楽になりました !
それまでも、汗をかいたら箱根の源泉スプレーで対処はしていたのですが、少しはましになってもやっぱり痒みが強く出ていたので助かりました。
安然宣言クリームの汗対策と、さらにハンカチで包んだ保冷剤を持ち歩いて、患部を冷やすようにしたら、暑い中を外に出ても、痒みに悩まされることが格段に減りました !
外出先で汗をかいて、痒みが出るのがいつも気になってネックになっていたので、それが緩和されて、気軽に外出できるのがありがたいです。
             
          
O・Yさんのケアのポイントは、汗で痒くなるお肌の部位に、安然宣言スキンクリームを「薄く」塗っておくことです。
塗り過ぎると、逆に熱がこもって、痒みが出ることがありますから気をつけましょう。
上手にオイル系のケアを行うことで、バリア機能を強化して外部からの刺激を緩和、痒みや炎症の軽減につながっているのでしょう。
汗による痒みと掻き壊しが強い方は、お試しいただくと良いかもしれません。
良く似た症状でお悩みの方は、参考にしてくださいね。

                          
おまけ★★★★南のつぶやき

アトピー性皮膚炎の症状は個々人により異なります。またその原因も同様です。でも、似た状態に対するケアは共通で行うこともできます。
O・Yさんのケア方法について、ご質問のある方は、お気軽にアトピー相談室までご相談ください。

■アトピー相談室 0120-866-933(受付時間 10時~19時)