薬の副作用には、注意を、するようにしましょう。

東です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                    
一昨日は、ショウゴ君が多剤耐性菌の話題を取り上げていました。
今日は、オロナインにアレルギーの副作用の報告がある、という記事が出ていましたので、紹介しましょう。
         
        
●市販薬の「ロキソニンS」も「オロナインH軟膏」も重大な副作用が!
http://healthpress.jp/2018/07/post-3723.html
         
人生、思い通りに行かないものだが、思い通りに行くように変えるのも人生。立ち位置やものの見方を変えれば、行動が変わる。この情報を知ってそう感じた。どんなデータだろう?
医師を対象に「日本の医療に貢献した薬」の薬効や成分の評価を聞いたインターネット調査がある(日経メディカル Online:2018年6月28日)。対象者は555人(診療所開業医=143人、診療所勤務医=65人、病院開業医=11人、大学病院勤務医=53人、病院勤務医=283人/30代以下=88人、40代=142人、50代=226人、60代以上=95人)。
      
(中略)
         
▼市販薬「ロキソニンS」も「オロナインH軟膏」も重大な副作用が
         
2016年3月、厚労省は、日本製薬団体連合会に対し、医療用医薬品のロキソニンの「医薬品添付文書の改訂」を指示したため、同一成分である市販薬の「ロキソニンS」も「使用上の注意」の中の「相談すること(副作用)」の欄に「小腸・大腸の狭窄・閉塞(腸閉塞)、吐き気、嘔吐、腹痛、腹部膨満(お腹の張り)など」が追加された。
腸閉塞(イレウス)は、腸管の狭窄(狭くすぼまる)や屈曲(折れ曲がる)などによって腸管内容物(食物、胃液、腸液、ガスなど)の肛門への移動が障害されるため、腸管が閉塞し、腸管の血流障害を伴う病態。下痢の後に激しい腹痛、腹部膨満、吐き気が起き、放置すれば、水やナトリウムの漏出によるショック死に至るリスクが高い。
さらに新たな副作用がわかった市販薬が「オロナインH軟膏」だ。2017年10月に、厚労省は、医療用医薬品のヒビテン・グルコネートとデスパコーワに「医薬品添付文書の改訂」を指示したため、同一成分である市販薬のオロナインH軟膏も「使用上の注意」の中の「相談すること(副作用)」の欄に「アナフィラキシーショック」が追加された。
切り傷、やけど、しもやけ、水虫などに効能があるオロナインH軟膏に、アナフィラキシーショックの副作用がある事実が明らかになったのだ。アナフィラキシーショックは、成分のアレルギー反応によって、口内異常感、まぶたや口唇のむくみ、両手足の痺れ、嚥下困難をはじめ、心悸亢進、悪心、耳鳴、めまい、胸部不快感、虚脱感、四肢の冷感、腹痛、尿意、便意、くしゃみ、反射性咳発作、皮膚紅潮、じんま疹、血圧低下、気道狭窄による呼吸困難、窒息、チアノーゼなどの種々の症状を伴う。放置すると意識を失うリスクが高いアレルギー疾患だ。
       
▼薬局の薬剤師に副作用の情報を聞こう
        
ロキソニンSは薬剤師の書面での情報提供がなければ購入できない第1類医薬品、オロナインH軟膏は薬剤師または登録販売者がいれば購入できる第2類医薬品。どちらもインターネットでも購入できる。
ロキソニンSの副作用の記載は、薬局の薬剤師に一任されているため、すべての副作用が明記される保証はない。また、薬局で購入したオロナインH軟膏の添付文書に「アナフィラキシーショック」が明記されているとは限らない。改訂後の添付文書を封入した製品がすべて店頭などで置き換わるには時間がかかり、改定と販売にタイムラグがあるからだ。
したがって、ロキソニンSやオロナインH軟膏の副作用を知る機会や手段は、必ずしも完全とは言えず、周知が遅れるのは避けられない。さらに、医師がすべての副作用を説明すれば、患者が不安に陥り、服用を拒否する恐れがあるので、副作用の説明を行なわない場合があるのも否めない。
だが、道はある。薬剤師の意見を聞くことだ。
現在の医薬分業制度は、医師が診断と処方を薬剤師が調剤を担う。薬剤師は、医薬品の適正使用と医療安全の確保という使命を持っている。薬剤師法第24条によると、処方箋の内容に疑義があれば、医師に照会(疑義照会)した後でなければ調剤できない。
また、薬剤師法25条の2によると、薬剤師は、薬剤を調剤後の経過を観察しながら、薬学的に評価し、医師にフィードバックする指導義務もある。
ほとんどの薬局はPMDAに登録し、製薬会社からの情報も入手できるため、薬剤師は、説明文書に記載されていない副作用の情報を把握できる立場あり、開示する役割を担っている。
重要なのは、副作用を恐れすぎるのではなく、副作用の情報に注意しつつ、服用後に副作用が疑われる症状が出たり、不安を感じれば、近くの薬局の薬剤師に相談するのが賢明だ。ものの見方を変え、行動すれば、あなたの健康リテラシーは、さらに豊かになるだろう。
         
        
ロキソニンSの部分は今回省略しましたが、気になる人はリンク先でご確認ください。
アトピー性皮膚炎の方も、オロナインを使っている人はいるようです。
特に、虫さされの後に使うケースを良く耳にします。
これから夏場の時期、汗もかく状況では、バリア機能が低下してるときには特に注意が必要です。
アナフィラキシー症状は、劇症となるケースが多いので、気をつけましょう。
おまけ★★★★南のつぶやき

市販薬は、副作用が少ない、と思っている方は意外と多いようです。
もちろん、処方箋が必要が薬剤と比べると副作用の出現頻度は少ないかもしれませんが、副作用がない、ということではありません。
効果がある=副作用も考えられる、ということは忘れないようにしましょう。