猛暑のときに、抑えておきたい肌対策のポイント(2)

こんにちは。南です。

 

 

 

 

 

 

 

                     
今日は、昨日の続きで、猛暑の時期の肌対策のポイントの二つ目です。
           
▼押さえておきたい夏の肌対策のポイント
          
2.洗浄をしっかり行いましょう。
          
洗浄は、お肌に対して、皮脂を落としてバリア機能を低下させる側面があります。
しかし、汗をかく季節は、お肌には浮遊している異物や雑菌が付着しやすくもあります。
その状態を放置しておくことで、刺激により痒みが生じてバリア機能が低下するとなると、洗浄によるバリア機能の低下の可能性以上に、肌へはマイナスとなります。
まずは、しっかり洗浄を行って、その後、保水+保湿のケアを行うように気をつけましょう。
特に、現在、ジュクジュクした肌状態にある方は、要注意です。
感染症を悪化させないためにも、「適切な洗浄」は心がけるようにしましょう。
          
          
洗浄そのものは、皮膚のバリア機能にとって、プラスを生むよりも、乾燥によるマイナス面の方が多いと言えます。
しかし、夏場の時期、皮膚に付着した異物が、痒みや炎症を生みやすい状況であること、また汗そのものが痒みの要因となることを考えると、「乾燥」というマイナス面があっても、洗浄によって得られるプラス面の方が多いこともあります。
また、洗浄によるマイナス面は、その後、適切なスキンケアを行うことで、十分にカバーできます。
アトピー性皮膚炎の方は、入浴、洗浄による乾燥から生じるバリア機能の低下を問題とするお医者さんもいるようですが、ケースバイケースです。
逆に、洗浄を行うことでマイナス面を少なくできて、結果的にアトピー性皮膚炎の症状に対して良かった、という事例は数多くあります。
適切な「洗浄ケア」を行うようにしましょう。

明日は、生活面を見ていきましょう。

                    
おまけ★★★★中田のつぶやき

あとぴナビでは、洗浄に対して、界面活性剤を一切含まずに、お肌の乾燥を防げる洗浄剤、APゼロ・ウォッシュを取り扱っています。
重曹洗剤ですので、まったく泡立たず、洗いづらい、と感じる方もおられますが、少なくとも、皮膚のバリア機能にはプラス面も多く、特に乳幼児の洗浄には適しています。