IgAと腸内細菌の研究

東です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                          
今日は、理化学研究所から発表された最新の研究が免疫に関係するものでしたので、紹介しましょう。
          
          
●IgAは腸内細菌間の相互作用を誘導する
-免疫系が腸内細菌を維持する新たなメカニズム-
http://www.riken.jp/pr/press/2018/20180724_2/
            
理化学研究所(理研)生命医科学研究センター粘膜免疫研究チームの鈴木敬一朗上級研究員、シドニア・ファガラサンチームリーダーらの国際共同研究グループ※は、免疫グロブリンA(IgA)[1]が腸内細菌叢[2]を制御するための新たなメカニズムを明らかにしました。 本研究成果は、今後、炎症性腸疾患[3]に対する新たな予防法・治療法の開発に貢献すると期待できます。
IgAは腸管内に分泌され、病原菌の排除や毒素の中和に関わる重要な抗体です。しかし、どのようなメカニズムで腸内常在菌を制御するのかは分かっていませんでした。今回、国際共同研究グループは、卵白オボアルブミン(OVA)を認識する単クローンIgA(7-6IgA)[4]が、ヒトの主要な腸内細菌であるBacteroides thetaiotaomicron(B.theta)と糖鎖[5]を介して結合することを見いだしました。また、7-6IgAは大腸粘液の中でB.thetaの機能未知遺伝子の発現を誘導することも分かり、本研究においてこの遺伝子由来のタンパク質を「粘液関連機能因子(Mucus-Associated Functional Factor;MAFF)」と名付けて詳しく解析しました。その結果、B.thetaはMAFFの働きを介して、Firmicutes門[6]に属する他の細菌種と相互作用し、腸内細菌叢全体の構成や代謝機能を変化させることが分かりました。さらに、マウスを用いた実験によって、MAFFが炎症性腸疾患の発症を予防する機能を持つことが明らかになりました。
本研究は、米国の科学雑誌『Journal of Experimental Medicine』(8月6日号)の掲載に先立ち、オンライン版(7月24日付け:日本時間7月24日)に掲載されます。
        
          
 (以下、省略)
       
       
研究の詳細を知りたい方は、リンク先でご覧ください。
腸内細菌と免疫の関係については、さまざまな研究が行われていますが、その相関関係について、まだ明確なものは発見されていません。
今回のIgAについての研究は、そうした部分の解明に役立ちそうに思われます。
アトピー性皮膚炎も、皮膚の細菌叢が、発症や悪化に大きく関係していますので、こうした研究は興味深く注目しておきたいと思います。

                          
おまけ★★★★博士のつぶやき

免疫に関する部分じゃから、炎症反応に影響を与えるのは当然じゃが、炎症性疾患に対する抑制効果などが明らかになってくるのは面白いところじゃ。
アトピー性皮膚炎の研究にも役立つと良いの。