【Q&A】体を洗うと浸みるのですが・・・

今日もQ&Aを紹介しよう。

 

 

 

 

 

 

 

                      
今日は、洗浄に関するQ&Aじゃ。

                
●U・Iさん(44歳、女性)

博士に体を洗う洗浄のことで質問です。
これまで、体を洗うのにスパボディソープを使用していました。
暑くなって、汗で炎症や痒みが生じ、両腕の状態がひどくなりました。今は、スキンクリームを中心にケアしています。
体を洗うのに、スパボディソープも掻き傷に浸みたので、上半身を洗わなくなりましたが、炎症が首から胸にかけて広がり、痒みで夜も眠れない状態になりました。
やはり、浸みるのを我慢してでも、洗浄は行った方が良いのでしょうか?

                     
U・Iさん、こんにちは。
質問の内容を見ると、今は、乾燥のケアにオイル系のアイテムを使用しているようじゃ。
オイル系のアイテムは、特に紫外線を多く浴びる時期、酸化なども進みやすく、放置しておくのは良くないと、言えるじゃろう。できれば、しっかりそれらを落として、皮膚への刺激を緩和するようにしたいものじゃ。
確かに、掻き傷が多いと浸みたりするが、皮膚に塗布したオイルは、お湯洗いだけでは十分に落としきることが難しい。
そこでまずは、今使っているスパボディソープを、薄めて使ってみてはどうかの?
100円ショップなどに空容器が売っておるから、それを求めると良いじゃろう。そこにソープとお湯の割合を1:5から1:10くらいで薄めると良い。
夏場は、感染症のこともあるから、やはり洗浄は適切にしっかり行うことを心がけて欲しいの。

U・Iさんの回復を祈っておる。

                    
おまけ★★★★中田のつぶやき

スパボディソープは、オイル系成分を多く含んでいて、元々、一般的な洗浄剤よりも浸みづらいのですが、それでも掻き傷が深い場合には、浸みることを避けられないことがあります。
そういった場合には、薄めて使用することで、その浸みる度合いを下げることができます。注意点としては、油脂系の汚れをしっかり落とす洗浄は、同時に、皮脂も落とすことになりますので、お風呂から出たあとは、夏場であってもオイル系のアイテムでしっかり「保湿」を行うようにしましょう。