【Q&A】毎日の運動がなかなかできないのですが・・・

不安定な気候は、各地で続いておるの。

 

 

 

 

 

 

                    
ここ数年、増えてきたゲリラ豪雨は、いろいろな地域で発生することが考えられるから、注意して欲しいと思うの。

今日は、読者の方からいただいた質問にお答えしたいと思う。

                         
●Y・Dさん(38歳・男性)からのご質問

質問があります。
私は、アトピー性皮膚炎を回復するためには、有酸素運動が最も効果が高いと聞いて実践しています。
毎日、だいたい1時間のウォーキングやジョギングを行ってきました。実際に、体を動かし始めてから赤みや炎症が減ってきました。
でも、仕事もあるため、まとまって運動する時間をとれず、習慣化できずに悩んでいます。
今月に入って、気温が高くなってからは、運動しなければ、というストレスのせいか夜も眠りづらくなって、赤みや炎症、痒みが再び出てきました。
どうすれば良いと思いますか?

                       
Y・Dさん、こんにちは。
まず、考えて欲しいのは、運動をする「目的」がどこにあるのか、という部分を明確にすることじゃろうの。
Y・Dさんの場合、「有酸素運動」にこだわっておるようじゃが、有酸素運動でしか得られない効果が、アトピー性皮膚炎の症状に大きく関わる、というエビデンスは見たことがない。もちろん、運動がアトピー性皮膚炎の症状に好影響を与える、エビデンスはある。
じゃから、運動がアトピー性皮膚炎に良い、ということは確かじゃが、その運動の内容は必ずしも有酸素運動でないとダメ、ということはない、ということじゃ。

Y・Dさんは、「毎日1時間行う」という義務感がストレスに繋がっている部分もあるようじゃ。
そこで、まずは、「1時間」という時間の制限を取り払ってみてはどうじゃろうか?
それと、脂肪燃焼効果を運動から直接的に引きだす、という意味あいでは、有酸素運動は効果的じゃが、代謝を目的として行う運動であれば、特にこだわることは必要ない。
スロートレーニングのような筋トレでも十分に得ることができる。
また、筋トレの場合、室内で行えること、時間も比較的短時間で済むこと(10~20分程度)など、利点も多くあるのが特徴じゃ。
大切なことは、だからといって運動の全てを筋トレにする必要はない、ということじゃ。

有酸素運動と交互に行っても良いし、雨が続く時期ならばしばらく筋トレだけでも良い。
ようは、「運動」を行うことが目的であること、行う運動の「内容」は、他の生活との兼ね合いの中で「ベター」な選択肢(必ずしも「ベスト」である必要ない、という意味合いで)を選ぶと、ストレスもかかりづらくなると思うの。

Y・Dさんの一刻も早い回復を祈っておる。

                         
おまけ★★★★大田のつぶやき

有酸素運動には有酸素運動の良さがありますが、その「良さ」は、全てのアトピー性皮膚炎の方に「必ず必要」ということではありません。アトピー性皮膚炎の場合、運動によりもたらされる主な利点は、「代謝を上げる」「スキンケアにつながる汗をかく」という部分です。それらの利点は、有酸素運動以外の運動でも十分に得ることができます。
意識するとするならば、運動はやはり「継続」していくことが大切です。毎日、義務感で行うようになってしまうと、どうしてもストレスを生むこともあるでしょう。ある程度、「楽しむ」要因もそこには求めていくことが大切です。
例えば、運動で得られる他のメリット(ダイエット)を第二の目標に置くことで、運動を続ける「意味合い」を実感できることもあるでしょう。
また、注意点としては、運動によってかいた汗の対処はしっかり行うように気をつけてください。特に暑い時期、かいた汗を放置することは感染症など、他の悪化要因をまねくことがありますので気をつけましょう。