アレルギーを抑えるスーパー腸内細菌とは?(2)

東です。

 

 

 

 

 

 

 

                   
今日は、昨日の続きです。
       
          
●アレルギーを抑える鍵を発見!?大注目の”スーパー腸内細菌”
https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_551.html
        
▼腸内細菌同士もコミュニケーションをしている!?
        
でもなぜ17種類のクロストリジウム菌が集まると、大量のTレグが生み出されるのでしょうか。その詳細なメカニズムはまだ解明の途中です。しかしカギを握るのは、クロストリジウム菌が出す「短鎖脂肪酸」と呼ばれる物質であることがわかっています。
中でも重要だと考えられているのが、「酪酸」と呼ばれる短鎖脂肪酸です。これまでの他の研究から、酪酸によってTレグが増えることが確かめられているためです。この17種のクロストリジウム菌も大量の酪酸を出すことがわかっています。しかし1種類のクロストリジウム菌だけでも、酪酸を作り出すことはできます。なぜ17種類が揃うと、その能力が高まるのか。この”17種のスーパースター集団”が何かしら作用し合って、まだ解明されていない未知の物質を作り出し、それが大量のTレグを生み出している可能性もあるのです。
もしかしたら、この17種の中には、他のクロストリジウム菌が働きやすい環境を作る”サポート役”となるものもいるのかもしれません。こうした腸内細菌同士のコミュニケーションによって、大量のTレグが生み出される可能性が注目されているのです。
クロストリジウム菌以外にも、私たちの腸内にはおよそ1000種類以上といわれるたくさんの腸内細菌が住んでいます。これらの腸内細菌同士も、互いにコミュニケーションしながら影響し合い、助け合って暮らしているのかもしれません。
私たちの腸内には、まるで巨大なジャングルのような豊かな生態系があり、それが私たちの命や健康を支えてくれていることが、わかってきているのです。
         
          
記事によると、クロストリジウム菌が集まることで、なぜ大量の制御性T細胞が生み出されるのかは、まだ解明されていないようですが、ポイントは「酪酸」のようです。
昨日のおまけに書かれていたように、腸内でわかっていることはごくわずかであり、今回のような新たな研究が、免疫力や皮膚との関係を解明してくれることを期待したいですね。

         
おまけ★★★★北のつぶやき

今回の記事のテーマになっている制御性T細胞は、以前、専門の先生にお伺いした記事が情報Webに掲載されています。
興味のある方は、ぜひご覧ください。

●制御性T細胞がかゆみを消す
http://www.atopinavi.com/navicontent/list?c1=health&c2=1&c3=66