【Q&A】アトピーの悪化は、強いステロイドに変えれば良いの?(2)

今日は、昨日の続きじゃ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                         
Gさんの質問の中で、「アトピーが悪化しているだけだから、強いステロイドに替えましょう、と言われましたが、それで良いのでしょうか?」という部分を考えてみよう。

まず、Gさんの場合、「アトピー性皮膚炎が悪化している」と医師がいったようじゃが、その「悪化している原因」はどこにあるのじゃろうか?
大切なのは、その「原因」に部分にある。

例えば、昨日述べたように、もしGさんが角質層の水分不足の状態があって、それがバリア機能の低下からアトピー性皮膚炎を悪化させていた場合、ステロイド剤で角質層の水分不足は解消できんから、汗をしっかりかいたり、何か他の偶発的な要因が加わらない限り、その部分か生じている悪化要因がなくなることはない。
もちろん、いったんバリア機能が低下、そこから生じた複合的な要因により痒みが現れ、掻き壊した場合には、掻き壊しによる炎症からくる二次的な痒みに対して、ステロイド剤は有効と言える。
ステロイド剤の働きは免疫抑制による、炎症を抑制する働き=痒みを抑える働き、ということじゃからな。
じゃが、元の原因にアプローチがしっかりできていなければ、その原因か悪化要因が生みだされている限り、「痒みがない状態」を作ることは難しい。

このように、ステロイド剤が「治せる」アトピー性皮膚炎の範囲には「制限」があるわけじゃから、その制限の範囲内に、悪化要因が含まれておる場合には、有効な治療法と言えるじゃろう。じゃが、ステロイド剤が治せる範囲に、アトピー性皮膚炎の悪化要因があった場合、その悪化要因をしっかり対処しない限り、ステロイド剤による痒みの抑制効果が弱まるたびに「痒み」が表面化して、掻き壊しが続く、つまり一進一退の状態が続くことになるじゃろう。

また、ステロイド剤の長期連用は、有効に使える「メリットゾーン」を超えてしまって、「デメリットゾーン」に入っている可能性も考えられる。
ステロイド剤そのものは、免疫抑制によるバリア機能の低下と、ステロイド剤が薬物=化学物質、ということなるから、直接的に体内のIgEを増強させることで、プラスと同時にマイナスの影響を与えることもある。
そうした、マイナスの影響がみられる状態=デメリットゾーン、ということになるわけじゃが、Gさんがメリットゾーンの中に留まっている場合には、まだステロイド剤の炎症を抑えることで、掻き壊しを減らし、バリア機能の低下を防ぐ、といった有効部分が働く下地はあるかもしれん。じゃが、デメリットゾーンの中にいる場合には、ステロイド剤による痒みを抑える、というベネフィットの部分よりも、アトピー性皮膚炎を悪化させる、というリスクの部分が増えていると、ステロイド剤そのものが「悪化要因」としての役割が強くなってしまう恐れがある。

ステロイド剤が治せるのは、「アトピー性皮膚炎」という病気ではなく、アトピー性皮膚炎という病気により体が作り出した「痒み」という症状の部分じゃ。
風邪をひいて熱が出た場合、解熱剤は熱という症状を抑えることはできても、「風邪」という病気の本体を直接治すことはできんのと同じじゃ。

その辺りをしっかり認識するようにしたいものじゃの。

                         
おまけ★★★★博士のつぶやき

 

自分が、メリットゾーンにいるのかデメリットゾーンにいるのかの見極めはなかなか難しい。いろいろな側面での要因が絡んでくるからの。
一つの報告性を考えてみると、皮膚の細菌叢が乱れた状態にある方は、ステロイド剤の免疫抑制機能が、リスクになる恐れがあり、デメリットゾーンの中に入り込んでいるかもしれん。もし、皮膚の細菌叢が健全な状態を保っておれば、ステロイド剤のベネフィットを活かすことも可能じゃろう。
使う、使わない、という部分は一義的に決め付けるのではなく、自分の状態に合わせて判断することが大切、ということじゃな。