睡眠リズムと日光と(1)

東です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                     
これから春が進んでくると、精神的な負担が大きくなるようで、「五月病」などが問題となることもあります。
そうした精神的な負荷には睡眠が大きく関係しますが、今日は睡眠の話題を紹介しましょう。
          
            
●赤ちゃんの睡眠リズムを整えるには?体内時計を光や食事時間で調整
http://healthpress.jp/2018/03/post-3530.html
          
以前、2歳のAくんの「寝付きの悪さをなんとか改善できないか」と、相談を受けたことがあります。とにかく寝つきが悪く、21時にベッドに入っても、実際に眠る頃には22時半を過ぎています。朝はなかなか目が覚めず、お母さんが頑張って8時過ぎに起こしているそうです。
「やっぱり『ねんねトレーニング』が必要?」と思われるかもしれません。
しかしAくんの場合、就寝時間になったら眠くなるような「生活リズム」とリラックスできる「睡眠環境」を作ってあげることが、改善の鍵でした。
これは睡眠の土台の最も重要な部分です。そうすることで「ねんねトレーニング」をしなくても睡眠問題が解決することさえあります。「ねんねトレーニング」が必要になった場合も、赤ちゃんが泣くのを最小限に抑えることができます。
それでは、どのようにしたら「就寝時間に眠くなるようなリズム」を作れるのでしょうか? 眠気が起こる仕組みから考えてみたいと思います。
        
▼「体内時計」と「地球のリズム」のズレを修正するのは「光」
        
眠気を作るシステムの1つが、「サーカディアンリズム(概日リズム)」です。これは、脳や他の体の臓器にある体内時計が刻む、1日のリズムのことです。いつどのくらい睡眠をとったかにかかわらず、一定の時間で覚醒と睡眠のリズムを刻んでいます。
人間の体内時計は「24時間11分サイクル」と言われていて(参考文献【1】)、地球のリズムとは少しずれがあります。そのずれを修正するために最も重要なのは「光」です。光は脳の中の体内時計に直接作用して、ホルモンを通じて体内時計の時刻合わせを行います。
午前中、特に起床直後に光を浴びると、睡眠のリズムを前倒しにする効果があるので、体内時計の就寝時間を早い時間に動かすことができます(参考文献【2】)。
一方で、夕方の光は逆効果です。室内で電気をつけて過ごしていると、午前中は日光より弱い光のもとで過ごし、夜は月明かりよりずっと明るい光のもとで過ごすことになるので、どうしてもリズムが後ろへずれてしまいがちになります。寝る前にテレビやスマホのブルーライトが目に入るのも睡眠リズムに悪影響を与えます。午前中はなるべく早い時間に日光を浴び、夕方はできれば間接照明にして、部屋を薄暗くしましょう。
          
▼乳幼児は10~15時間程度の夜の睡眠が必要
        
体内時計は光だけでコントロールされているわけではありません。食事や他の行動も、すべてがリズムに影響します。光を浴びるだけでなく、規則正しい生活をすることが大切です。
赤ちゃんの離乳食が軌道に乗ってきたら、食事の時間はできるだけ一定にします。保育園に通っているなら、休日も保育園のスケジュールに合わせるのが良いでしょう。
起床や就寝の時間はどうしたらよいでしょうか?
保育園に出発する時間や、ゆくゆくは学校に通うことを考えると、起床時間は6~7時にしておくのがおすすめです。乳幼児は10~15時間程度の夜の睡眠が必要ですが(参考文献【3】)、昼寝の時間を考えると夜の睡眠は10~11時間程度です。十分な睡眠をとるためには、就寝時間は19~20時が理想でしょう。
しかし、お仕事の都合などで「遅寝遅起き」になってしまうとしても……。だとしても、起床や就寝の時間を一定にし、できるだけ「30分以内のずれ」に抑えることで、体内時計を一定に保つことができます。
また、就寝直前は「睡眠禁止ゾーン」とも呼ばれ、実は一番眠りにくい時間帯です(参考文献【4】)。就寝前に、できるだけリラックスした状態を作り出し、眠るための心の準備をさせてあげる必要があります。
そのためには、おやすみの時間に一定のルーティーンを行うことが効果的です。例えば、お風呂に入ってパジャマに着替えたら授乳・ミルクの時間、その後、絵本を読んで歌を歌い、ベッドに入るというように、毎日同じ流れで同じことを行います。
        
            
今日は、まず前半の部分を紹介しました。
日の光と体内時計が関係していることは、山梨大学の研究などでも知られていますが、それでも日光を浴びることを「生活リズム」の中に取り入れていない方もいます。
今回の記事は乳幼児に関するものですが、成人でも気を付けた方がよい「項目」もありますので注意しましょう。

                     
おまけ★★★★南のつぶやき

乳幼児は「10~15時間程度の夜の睡眠が必要」とありますが、今の時代、夜型の生活習慣が両親に身についていて、それが確保できていないケースは多く見受けます。
アトピー性皮膚炎にとって、睡眠は回復に向かうためのとても重要な要因です。
気をつけるようにしましょう。