健康な人の菌を移植?

東です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                        
腸疾患の一部に対して、他人の便を移植する治療法は以前からありましたが、今回、菌のみをカプセル状にして摂取する方法が有効だった、という記事が出ていました。
        
         
●「うんちカプセル」のすご過ぎる効果
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/12/post-9194.php
        
▼弱った腸に健康な人の便を移植して耐性菌をストップ――画期的な治療法が経口カプセルでもっと手軽に
      
抗生物質が効きにくいクロストリジウム・ディフィシル感染症(CDI)は下痢や吐き気を引き起こし、死に至ることもある腸の病気。その治療に絶大な効果があるとして近年、他人の便を腸に移植する治療法が大きな注目を集めている。
CDIの原因菌であるクロストリジウム・ディフィシル菌に感染するのは、多くの種類の細菌に効果がある抗生物質を使った結果、有害でない腸内細菌までいなくなってしまうせいだ。米疾病対策センター(CDC)によれば、アメリカでは年間50万人が感染、1万5000人が死亡する。「院内感染による下痢の最大の原因」だと、アルバータ大学(カナダ)のディナ・カオ准教授は言う。
だったら腸が健康な人の便を移植して腸内環境を整えよう、というのが便移植療法だ。ぞっとするかもしれないが、大きな効果が期待されている。
13年に実施された比較臨床試験では、便移植療法を受けた患者は予想を大きく上回る回復ぶりを示した。カオらの研究でも治癒率は約90%。「すご過ぎる。薬ではここまで効かない」と、カオは言う。
もちろん、他人の便をそのまま移植するとなると抵抗を感じるのが当然だ。その点、必要な細菌だけを集めた経口カプセルなら不快感が多少は和らぐのではないか。
そう考えたカオらは、成人のCDI患者116人を対象に経口カプセルの有効性を検証。内視鏡による便移植と効果が変わらないことを突き止め、11月28日付の米国医師会報で発表した。
カオらの研究はこの療法に向いている患者ばかりを選んだ可能性はあるものの、総じて信頼できると、自身も便移植療法を研究しているマサチューセッツ総合病院のエリザベス・ホーマンは指摘する。「今回の結果は最善の場合のシナリオ」だが、「経口カプセルの有効性を検証し、内視鏡を使わずに高い治癒率を実現できると示した点は評価できる」。内視鏡や麻酔を使うと患者の体への負担が重くなるという意味でも、この結果は大きな意味を持つ。
          
▼不快感も費用負担も軽く
         
カオらの研究では、経口カプセルのほうが患者の感じる不快感が少ないことも分かった。「まったく不快感がない」と回答した人の割合は、カプセルを投与したグループ(57人)が66%、内視鏡による移植を受けたグループ(59人)は44%だった。
カプセルでも内視鏡移植でも効果は変わらない一方、治療費はかなり違う。カプセルなら約300ドル、内視鏡による移植の場合は900ドル近い。
便移植療法はCDIの標準的な治療法になりつつあると、カオは指摘する。「CDIの患者にはほかに有効な治療法がない」。米食品医薬品局(FDA)は13年、医師がCDI患者にこの治療法を試みることを許可。ほかの病気については臨床試験のみ認められており、現在は潰瘍性大腸炎や小児クローン病などを対象に100件を超える試験が行われている。
うんちカプセルの出番がますます増えるかも。
          
             
記事の中で興味深いポイントは、健常な人の菌叢を移植して再現できる、というところでしょう。
アトピー性皮膚炎も、皮膚の細菌叢が発症要因に深く関わっていることが研究により明らかになっていますが、皮膚の細菌叢も腸内の細菌叢も、フローラを形成する点から考えると非常によく似た性質(体に対する働き)を持っていると考えてよいでしょう。
そして、腸内環境と皮膚環境の大きな違いは、「曝露」される機会、という点にあるのではないでしょうか?
腸内も、多様な食品などを摂取することで、さまざまな種類の菌に曝露されるわけですが、温度や湿度、栄養環境は日内の時間帯で大きく変わることはないでしょう。腸内環境はいわば「閉鎖環境」と言えます。
それに対して、皮膚環境は、外気温、湿度、衣類など、日内でも時間帯などで大きく環境が異なります。そのため、定着してフローラを形成している菌叢の「安定性」という点では、腸内の方が有利な状況にあると言えます。
しかし、逆に考えると、皮膚環境を一定に保ち(温度や湿度など)、健常な方の菌を接種することで、健全な菌叢=バリア機能が形成できる可能性もあるのではないでしょうか?
ぜひ、腸内への研究だけでなく、皮膚への研究も行って欲しいですね。

                             
おまけ★★★★博士のつぶやき

アトピー性皮膚炎の方に対する「肌環境」を一定に保つ治療法は、今のところメジャーなものはないようじゃ。
病院で入院すれば、一定の環境下で過ごせることは確かじゃが、その環境が「ベストな肌環境」かというと、そうとは言い切れん。
今後は、皮膚の「菌叢」に着目した治療法がいろいろと注目を浴びるようになるのかもしれんの。