都民の若者は花粉症?

東です。

 

 

 

 

 

 

 

 

               
さて、今日は、Webで興味深い記事を見つけたので紹介しましょう。
       
        
●都民の48%、スギ花粉症患者 若年層で増加、都が推定
http://www.asahi.com/articles/ASKDL5TKPKDLUTIL05C.html
        
都は18日、2016年度の花粉症実態調査の結果をまとめ、都民のスギ花粉症患者の割合が48・8%に上るという推定結果を公表した。調査方法は違うが、前回の06年度から約20ポイント増えており、都は若年層の患者の増加などを要因とみている。
調査は16年11~12月、大田区とあきる野、調布の両市でアンケートを実施。回答を得た2116人から410人を抽出し、血液検査や問診で症状の有無を判定した結果から、スギ花粉を原因とした花粉症患者の都全体の割合を推定した。
1983年度から約10年おきに実施し、前回まで「自覚症状なし」との回答者を詳しい調査対象から外してきた違いはあるが、患者の割合は、83~87年度が10・0%、96年度が19・4%、06年度が28・2%で、回を追って増えてきた。
今回の調査結果によると年代別の患者の割合は、0~14歳40・3%(前回26・3%)▽15~29歳61・6%(同37・1%)▽30~44歳57・0%(同32・2%)▽45~59歳47・9%(同33・5%)▽60歳以上37・4%(同14・2%)。
若年層の割合の高さについて、報告書は「乳幼児における食物アレルギーが増えており、花粉症の若年発症を加速させている可能性がある」と指摘した。
都は花粉症予防に向け、飛散状況を知らせるメール配信や花粉の少ない森づくりなどを進めている。
       
        
花粉症が年々増加していることは、既知のことですが、若年層の率が高いことは興味深いところです。
記事を読むと、0~14歳が40%、15~29歳では61%が該当しています。
前回の調査と比較しても、6割近い増加率になっています。
全年齢層で増加していることから、増加の原因は、個人的な要因だけでなく、社会的な環境要因も深く関わっているように思います。
できれば、離島など、大きく生活環境が異なる地域での増加率などを見ると、こうした環境要因の変化にヒントが見つかるのかもしれません。
また、年齢によって発症率が異なることも興味深いところです。
アトピー性皮膚炎患者が併発している他のアレルギー疾患では、花粉症が最も多いのですが、アトピー性皮膚炎の場合、免疫的な要因は症状の悪化要因に過ぎないこともありますから、発症原因を考えていくと、花粉症とは一線を画す場合もあります。ただ、症状に対してアトピー性皮膚炎も花粉症も、免疫の働きが関係してくることは確かであり(一次的、二次的を問わず)、花粉症に関する研究は、こうした地域性、年齢性の比較対象において、アトピー性皮膚炎の解決にも役立つのかもしれませんね。

                     
おまけ★★★★大田のつぶやき

記事では、若年層の発症割合が高いことについて「乳幼児における食物アレルギーが増えており、花粉症の若年発症を加速させている可能性がある」としていますが、一方、別の研究で乳幼児の食物アレルギーは、皮膚のバリア機能の低下から生じている可能性を指摘する研究もあります。
もし、そこに深い関連性があるならば、皮膚のバリア機能の低下が、アトピー性皮膚炎や花粉症、食物アレルギーなど、多岐のアレルギーの原因に関わっているのかもしれませんね。