冬は栄養失調に注意?

東です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                    
アトピー性皮膚炎の方で、「食事」に気をつけている方は多いでしょう。
ただ、そのポイントが「制限」にあるケースが多いように思います。
例えば、「○○は食べない」です。
もちろん、アレルゲンに該当する食品や、あるいは炎症を誘発するような食品を制限することは大事ですが、その延長線上で、「バランスを欠いている」ときを時々見受けます。

                     
●冬は「新型栄養失調」に注意 中高年の正しい食事法とは
https://news.goo.ne.jp/article/nikkangendai/life/nikkangendai-427197.html

寒さを実感するこれからの季節、「風邪などの感染症にかかりやすい」「だるい、息切れする」「まぶたがピクピクする、目がかすむ」「肌がかさつく」「足がむくみやすい」「口内炎ができた」などという人は食事に注意が必要だ。総カロリーは足りているのに必要な栄養素が不足する新型栄養失調かもしれない。
「新型栄養失調は幅広い世代で見過ごされている健康問題です。非正規雇用の若者は食費を削り偏食になりがちで、中年はやせている方が健康だとの思い込みから食事量を減らしビタミン不足が目立つ。高齢者はそれに老化が加わり、ふくよかに見えても実は栄養失調という人がかなりいます」
こう言うのは人間総合科学大学の前教授で東京都健康長寿医療センター研究所協力研究員の熊谷修氏だ。とくに不足しやすいのは微量栄養素と動物性タンパク質だという。
ビタミンやマグネシウム、亜鉛や葉酸、カリウムなどの微量栄養素不足は、しびれ、痛み、けいれん、皮膚の乾燥、肌荒れなどを招きやすい。
肉に含まれる動物性タンパク質が足りないと筋肉、血液、骨を十分つくれず、筋肉量が減りやすく、身長が縮み、太りやすくなる。
「“若い頃に比べて太ったので肉は食べない”という人がいますが、間違いです。日常生活では一日に消費する総エネルギーの7割は、心臓の拍動や呼吸、体温維持などの基礎代謝に費やされます。中でも最もエネルギーを消費するのが筋肉です。筋肉が減れば基礎代謝は下がり、下がった分だけエネルギーが余ります。それが脂肪として体内に蓄積されて太る。中高年で太るのは30代をピークに筋肉量が減るからです」
冬は新型栄養失調リスクに拍車をかける。体温を維持するため基礎代謝が夏より10%程度増えるため、カロリー・栄養素不足になりがちだからだ。“冬は動かないから食事は控えめに”は落とし穴だ。
「とくに気をつけたいのは40歳以上の中高年です。多くの科学データが40歳から70歳の間に食事量は約25%減ることを示している。本人は『昔と同じように食べている』と思っていても実は食事に偏りが生じやすくなる。必要な栄養素は取っていないことが多いのです」
実際、70代のある男性の例だが、風邪だと思って市販の風邪薬を飲んだが症状が改善せず、そのうち悪寒が表れたので病院に行ったところ急性腎盂腎炎と診断された。
「この男性は、動物性タンパク質の摂取がとても少なかった。タンパク質は免疫力の維持に欠かせません。タンパク質不足が免疫力を下げ、腎盂腎炎発症につながったのです」
         
■重要なのは肉
         
では、新型栄養失調を避けるためにはどうすればいいのか?
「主食であるご飯やパンを除いて、毎日欠かさずに肉、卵類、牛乳、油脂類、魚介類、大豆製品、緑黄色野菜、イモ類、果物、海藻類の10食品群を食べることです」
“それでは食べ過ぎではないか”と思うかもしれない。しかし、先に述べたように、40代を過ぎれば食べる量は減る。これだけバラエティーに富んだ食材を毎日取ると、自然と食事の質が高まることが実証済みである。ブームに乗り炭水化物を制限している中高年は、体に取り入れた大事な栄養素の有効活用ができないので要注意だ。
「とくに重要なのは肉です。肉は良質のタンパク質と、すぐにエネルギーに転換できる飽和脂肪酸が同時に取れる優良な食品です。体内のタンパク質組織は10万種類にもおよび、これらのタンパク質は20種類のアミノ酸が結合しています。このうち9種類が必須アミノ酸で、体内では合成できません。肉はそれらをすべて取れる利点もあります」
「畑の肉」と呼ばれる大豆でさえ、必須アミノ酸は肉ほど整っておらず、タンパク質利用効率は肉に劣るという。その結果、肉食は、糖尿病、抑うつ症状・認知症、心筋梗塞、脳卒中、貧血、圧迫骨折、脊柱管狭窄症、熱中症などのリスクを下げてくれるという。
しかし、肉食はコレステロール値を上げ、不健康なのではないか?
「国内外の研究で、血液中のコレステロール値を下げると心臓病の死亡率が下がると報告されています。しかし、がん、自殺、事故死は増えて総死亡リスクは高くなるとの報告もある。そもそも人間は病気だけで死ぬわけではありません。老化予防を無視し、一部の病気予防にだけ着目し毎日の食事を考えるのはとてもリスクが高いことです」
         
          
記事は、中高年の栄養バランス、として書かれていますが、この「タンパク質の不足」は、アトピー性皮膚炎の方でもときどき見受けます。
タンパク質自体が、アレルゲンになりやすいこともあり、炎症を引き起こす恐れがあることで制限されているケースが多いのですが、皮膚機能を原因とするアトピー性皮膚炎の方の場合、「皮膚の再生」も症状悪化を防ぐ、大きなテーマとなります。
そして、皮膚の再生とは、イコール細胞を「作る」ことでもあり、当然ですが、その材料となるタンパク質の摂取は大切です。
もちろん、症状に影響を与えるタンパク質の摂取は避けるべきですが、タンパク質の種類(肉から魚、魚から植物、など)を変えたり、調理方法を変える(火を通す、など)など工夫することで、体にとってプラスとなる形で摂取することもできます。
注意するようにしましょう。

                   
おまけ★★★★大田のつぶやき

もう一つ気をつけて欲しいのは、「症状は常に変化する」ということです。
体調もそうですが、皮膚の状態も常に変化します。
昨日はダメだったものが今日は平気だったり、あるいはその逆もまた然りです。
柔軟に対応していきましょう。