入浴時間と入浴温度、寒くなり始めたときには注意を

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

 

               
昨日は、ショウゴ君が、入浴に関する面白い記事を紹介していました。
入浴は皮膚と体にとって、一定の「刺激」を与える行動です。
アトピー性皮膚炎の方にとっても、入浴は大きなプラスを得られますが、入浴方法を誤ると逆にマイナスの影響を受けてしまう、諸刃の剣です。

これまでブログでも、何度も述べてきましたが、アトピー性皮膚炎の方にとって、マイナスとなる入浴方法の最も大きな原因が「入浴温度」です。
入浴温度は、低かったり高かったりすることで、さまざまな影響を身体と皮膚に与えます。
では高い温度が、マイナスの影響を与えるのかと言うと、決してそうではありません。
高い温度での入浴だからこそ、得られる効果もあります。

しかし、アトピー性皮膚炎の方にとっては、高い温度での入浴は、冷えの状況、そして皮膚の乾燥、という2つの点から、大きなマイナスを生む要因になります。
ヒトは、筋肉や骨、内臓などで「熱」を作り出します。作られた熱は、血液によって、体の隅々まで届けられます。
つまり、手足が冷たい、など、体の冷えを感じている人は、この熱の伝達がうまくいっていない状況にあると言えるでしょう。
「冷え」とは、手足が冷たい状況を指しているのではなく(結果的に、そう感じるヒトは多くなりますが・・・)、血流が悪い状態を指しているのです。

体内の深部温度は37~38度ぐらいです(時間帯によって異なります。また、皮膚での体表温度は36度前後です)
インフルエンザなどに罹患すると、40度以上の高熱が出ることがありますが、これは、高い熱を体に生みだすことでインフルエンザのウィルスの増殖スピードを遅くしよう、という働きです。しかし、40度以上の熱は、内臓機能に悪影響を与えますので、高熱が出ると辛くなるわけです。
そして40度以上の温度で入浴すると、体表から受けたその熱は、血流で体の深部まで届けられますが、体自身は、その高い熱を受け続けることは危険な状況を生むことになりますので、深部における血流は悪くなって、熱を少しでも伝えないようにします。
逆に、皮膚表面は、受けた熱を早く放出させるために、血液が集まって、赤くなって汗をかきます。
当然、皮膚から汗をかいて気化熱で体表を冷まそうとする「作業」は、角質層の水分蒸散を生みますので、肌を「乾燥」させます。

高い温度での入浴は、体の中の血流は悪くなり、肌は乾燥する、アトピー性皮膚炎の方にとっては、悪条件がいくつも重なることになるわけです。
もちろん、短時間の入浴であれば、そうした影響も少ないのですが、入浴によって得たい「じっくり汗をかく」「血流を良くする」という効果も、短時間では得ることができません。

これから寒くなり始める時期、入浴温度を少しずつ上げることで、アトピー性皮膚炎の症状を悪化させる方が増え始めます。
また逆に、この時期に、適切な入浴温度、入浴方法を行うと、冷えの解消、乾燥の緩和が行えるため、お肌の状態を大きくアップさせることができた方もいます。
適切な入浴が大切なことは、しっかり意識して、実行するようにしましょう。

                         
おまけ★★★★博士のつぶやき

入浴は、正しく行えば、アトピー性皮膚炎を克服していく上で大きな武器となるのじゃが、温度や時間、入浴環境を誤ると、とたんにマイナスの影響を与えることにつながることもある。
じゃが、入浴自体は生活習慣の一部でもあるから、正しい入浴を毎日行うだけで、アトピー性皮膚炎によいアプローチができることは、大きなメリットでもあるじゃろう。
正しい入浴を心がけるようにして欲しいの。