2017年7&8月合併号あとぴナビの記事より(1)

編集の北です。

 

 

 

 

 

 

 

                      
今日は、あとぴナビの7&8月合併号より記事を紹介したいと思います。
          
         
●アトピーの夏対策 スキンケアと洗浄
(2017年7&8月あとぴナビ合併号記事より)
      
真夏の季節を迎え、これから残暑の時期まで2?3カ月は、アトピー性皮膚炎に対して、
汗や紫外線、そして感染症など特有の悪化要因が関係してきます。
夏対策として、どういったスキンケアや洗浄を行えば良いのかを見ていきましょう。
    
▼スキンケア
       
夏の時期、アトピー性皮膚炎の方の悪化したときの肌状態は、大きく分けると、乾燥を伴う炎症か、ジュクジュクした炎症かの2タイプに分かれます。
汗が関係してくるとジュクジュクを伴う炎症は感染症への注意もかなり必要になってきますが、基本として考えておきたいことは、やはり「バリア機能の維持」にあります。
乾燥状態、ジュクジュクした状態、いずれも、そこから生じるアトピー性皮膚炎に影響を与えるマイナス点は「バリア機能が低下したこと」です。
低下したバリア機能を高められるスキンケアを実践しましょう。
         
▼乾燥した肌状態へのケア
       
基本は、「保水」になります。気温が高く湿度もある程度維持されていれば、角質層からの水分蒸散量は抑えられた状態です。つまり、水分の蒸散を防ぐ「保湿」が足りないよりも、もともと角質層内に水分が少なすぎるため乾燥状態を生んでいる、と考えた方が良いでしょう。
ローション系やジェル系のアイテムを重ね塗りして、たっぷりと水分を与えましょう。
          
▼ジュクジュクした肌状態へのケア
          
基本は、「保護」にあります。ジュクジュクした炎症状態は、掻き壊しにより生じることが多く、まずは、角質層のダメージを軽減させる「保護」ケアに重点を置いた方が良いでしょう。
オイル系のアイテムや包帯系のアイテムで、肌をカバーして外部からの刺激に対して防御するようにします。注意したい点としては、こうしたお肌のカバーを多めに行った場合、汗をかきやすい状況の人は、皮膚に「蓋」をした状態になるため、汗がこもることでマラセチア菌など、汗による悪化要因によりかぶれなどを生じて、逆に肌状態を悪化させてしまう、という恐れがありますので注意しましょう。
         
         
状態別のスキンケアの状況について述べました。
乾燥した状態の肌とジュクジュクした状態の肌は、感染症の罹患など、アトピー性皮膚炎の悪化要因の状況も異なる場合が多いといえます。
お肌の状態に合わせてスキンケアの方法は変化させるようにしたいですね。

明日は、洗浄やその他の注意点について見ていきましょう。

                      
おまけ★★★★大田のつぶやき

夏のスキンケアで検討しなければならない要因の一つは「汗」です。
汗による状態の悪化は、乾燥した状態の肌とジュクジュクした状態の肌では異なる傾向があります。
特に感染症に罹患している、あるいは罹患しやすい方は、注意するようにしましょう。