熱帯夜のエアコンを考える(1)

東です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                 
台風の影響もあり、ここ数日、少し気温が下がりましたが、これからまた気温が上がる見込みのようです。
最近の異常気象は、猛暑をもたらしていますが、熱帯夜が続く中、エアコンをどのように使ってよいのか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
今日は、睡眠とエアコンの記事を紹介しましょう。
          
         
●エアコンをつけたまま寝ると朝だるい理由 熱帯夜対策を再考する
https://news.yahoo.co.jp/byline/nishidamasaki/20170709-00073010/
        
▼エアコンをつけたままにしたがらない理由
         
夜間も気温が25℃を下回らない「熱帯夜」の季節がやってきた。2007年夏に東京23区実施されたアンケート調査では、25℃を下回らない熱帯夜条件になると睡眠障害の人が増加し、特に暑さの厳しい都心・内陸部では、30%近くにも上った(1)。省エネルギー意識が高まっているとは言え、エアコンの冷房なしに夏の夜を過ごすことは考えにくくなっている。
一昔前ならば、エアコンは寝つくときだけつけておき、寝ついたところの時間でオフになるようにタイマーをセットしておくのが、一般的だった。しかし昨今のこの暑さでは、エアコンが切れれば、暑さのあまりたまらず目覚めてしまう人も多いだろう。寒くなりすぎないようにやや高めの温度に設定して、一晩中エアコンをつけておくというアドバイスが、最近では主流である。
ただこのように助言すると、
        
「エアコンつけっぱなしで寝ると、次の朝だるいんですよね」
       
と返されることがある。
特に外来診察での患者に対する睡眠衛生指導では、患者からのこの質問に科学的な根拠を持って答えることができず、「冷えすぎなんでしょうね」と経験則で対処していた。ただ、このようにエアコンをつけっぱなしで寝て、翌朝からだがだるいという経験をしたひとは多いだろうし、ちゃんとした理由を知りたい人も多いはずだ。電気代よりもこのなんともいえない倦怠感が、一晩中エアコンをつけることに二の足を踏ませているように思える。特に、女性・高齢者に、エアコンを一晩中つけて寝ることに難色を示す人が多い。高齢者でエアコンを無理に辛抱してしまうと、脱水・熱中症のリスクが上がる。エアコンつけっぱなし問題については、きとんとした検証が必要だと考えた。
なぜ、エアコンをつけっぱなしで寝ると、次の朝からだがだるいのだろうか。その前に、高温多湿なところでは睡眠がどうなるかをまとめておく。
          
▼最初のコア睡眠期は、エアコンを確実につけておく
       
人間にとって重要な深いノンレム睡眠(徐波睡眠)は、睡眠前半に主に出現する。徐波睡眠期は、脳やからだの休息にとって大切であり、成長ホルモンも分泌もさかんである。高温多湿では睡眠の質は悪化することは実証されており、この重要な睡眠前半にエアコンをオンにして適温・適湿度に保つことは大切だ。高温多湿環境での睡眠実験によると、睡眠の前半にエアコンをつけておかないと徐波睡眠(深いノンレム睡眠)もレム睡眠も減少し、本来深い睡眠が少ないはずの睡眠後半にズレて出現し、起床しづらくなる可能性があるという (2)。
人間は、深部の熱がからだの表面に放散されて、深部体温が下がったときにスムーズに入眠できる。ムシムシの高温多湿な寝室では、深部の熱が放熱できず、湿度のため汗による揮発もない。深部体温は下がりようがなく、睡眠が悪化するのは当然である。ちなみに暑い夜に「氷枕」がすすめられるのは、頸部を通る頸動脈を冷やされることにより、放熱が促進され深部体温が下がるためと考えられる。
寝付きはエアコンをつけるとして、問題は朝までつけておくか、それとも途中でオフにするか、である。
       
▼朝だるいのは「冷えすぎ」
       
エアコンをつけたまま眠った後のだるさについては、意外なことにエビデンスが少ない。睡眠科学の教科書「睡眠学」(朝倉書店)や論文を調べても、冬のような寒い条件での研究は多いが、夏のエアコンによる冷気で翌朝だるくなるメカニズムを実証した研究はない。
睡眠のメカニズムから考えていくしかないが、以下のようなメカニズムが考えられる。睡眠中は、深部の体温が放熱する傾向にあるため、体温が冷えやすくなる。睡眠中に汗をかいていれば、汗の蒸発によりますます体温が奪われる。起きていればタンスから上着を探すのであろうが、睡眠中は行動も制限されている。薄着のままいやおうなしに冷気に晒され体温が下がってしまうことが、だるさの要因として考えられる。
また夜明け頃は、深部体温はもっとも低下し、皮膚の体表温度は深部からの熱の発散で上昇している。朝の覚醒は、深部体温と体表温度の差が小さいほど、スッキリと起きることができる。朝方にあまりに涼しいと、体表温度が下がってしまい、覚醒度も低下する。これも、だるさの一因である可能性がある。
ほかにも睡眠中に冷気にさらされると、心拍数変動が大きくなるなど、自律神経系の異常が見られるという知見もある。要は、睡眠中、特に目覚める前の明け方に冷えすぎてしまうのが、朝のだるさの原因と考えられる。
       
          
記事にあるように、朝のだるさの原因とは、目覚める前に「冷えすぎてしまうこと」が大きく関わっているようです。
寝ている時は、体の活動は「安静」の状態にあり、体温も低下している状況です。しかし、体にとって必要な熱量をさらに下回るような環境下では、自律神経などに影響を与えることで、だるさなどの不快感を感じる、ということなのでしょう。
では、どういった対策をとればよいのでしょうか?
続きは明日です。

                       
おまけ★★★★大田のつぶやき

起床時は、体が覚醒に向かい、活動するための代謝を上げていくため、「冷えすぎてしまう」ことは、自律神経の働きに影響を与えるのでしょう。
熱帯夜の場合、「汗」の問題を抱えていますが、朝方の冷え込みも忘れないようにした方が良いでしょう。