洗うこと、洗わないこと(1)

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                    
アトピー性皮膚炎の方にとって、「洗浄」は大きな課題の一つでしょう。
洗浄のし過ぎは良くない、でも洗浄しないのも良くない、では、洗浄はどのようにすれば良いのでしょうか?

まず、最初に洗浄することの問題点に関する記事を一つ紹介しましょう。
          
         
●「洗い過ぎ」がシワや敏感肌の原因!「界面活性剤」が皮膚のバリア機能に悪影響を
http://healthpress.jp/2017/06/post-3029.html
         
汗をかくシーズンが来ると、洗顔料や石けんで顔を洗う回数が普段よりも増えるだろう。そのような「洗い過ぎ」が皮膚のトラブルを招いていると、『10万円のクリームより効く「何もつけない」美肌ケア』(マキノ出版)の著者である医療法人社団躍心会「江北皮フ科」院長・池田大志医師(皮膚科)は語る。
「皮膚を清潔に保つために、洗顔は1日2回が望ましいという考え方が世間に広くまかり通っているようですが、これは間違いだと私は思っています」
今回は洗い過ぎによる皮膚のトラブルについて池田医師に話を聞いた。
         
▼「角質細胞」が「皮膚のバリア」になる
       
私たちは「洗顔料や石けんで顔を洗わなければ、不潔になる」と思いがちだ。このような思い込みがそもそも間違っていると池田医師は指摘する。
「私たちの体には、皮膚を清潔に保つ『新陳代謝』という機能がもともと備わっているのです」
人間の皮膚の最も表面にある表皮は、4層で構成されている。表皮のいちばん下にある基底層では「角化細胞」が作られている。角化細胞は「基底層」から「有棘層」「顆粒層」を経て、約2週間で「角質層」に到達し「角質細胞」となる。
角質細胞は2週間ほど角質層にとどまり、「皮膚のバリア」の役目を果たした後で、垢(アカ)となって自然にはがれ落ちていく。このように表皮の細胞が入れ替わることを「新陳代謝」という。
「皮膚の表面に汚れが付着したとしても、垢と一緒にはがれ落ちていきます。つまり、水で洗い流さなくても汚れは新陳代謝によって除去され、皮膚は清潔に保たれているのです。皮膚を洗えば汚れは落ちやすくなりますが、同時にバリア機能を低下させることになります。そして洗う回数が多くなるほど、バリア機能はさらに低下し、外からの刺激を受けやすくなるのです」
「皮膚のバリア機能」とは、外部からの異物の侵入や、内部からの水分の蒸発を防ぐことだ。ただ、それだけではない。皮膚を美しい状態に見せる働きもあると池田医師は語る。バリア機能の低下で、かゆみや赤みに加え、小ジワやニキビなども起こるということだ。
          
▼「界面活性剤」が「皮膚のバリア機能」に悪影響を
        
化粧をする女性は、夜はクレンジング剤と洗顔料でダブル洗顔を行った後、化粧水や乳液などをつけることが多いだろう。
クレンジング剤・洗顔料・乳液・クリームに共通して含まれているのが「界面活性剤」である。界面活性剤は水と油をなじみやすくする物質だが、池田医師によると「皮膚のバリア機能」に悪影響を及ぼしているのが、それだ。
「私たちの皮膚の表面は、皮脂と汗が混じり合ってできた皮脂膜で覆われています。皮脂膜は角質層を守っているのですが、界面活性剤が作用すると皮脂が角質層から落ちていき、皮脂膜が形成されにくくなります。角質層に含まれている保湿成分も同様に、界面活性剤で洗い流されてしまうのです」
        
▼洗顔は1日2回以下、洗顔料や石けんなどを使わずに水かぬるま湯だけで
       
加えて、界面活性剤で皮脂が取り除かれると、皮膚に有用な働きをしている「皮膚常在菌」のバランスを崩れるという。
「皮膚常在菌は皮脂膜に存在し、皮脂を栄養源にして生きています。皮脂が失われて皮膚常在菌が不足すると、ニキビなどが起こりやすくなります」
池田医師は、皮膚が本来持っている機能や美しさを大事にするために、洗顔は1日2回以下にとどめ、洗顔料や石けんなどを使わずに水かぬるま湯だけで行うように指導している。
「美しい素肌を手に入れるために、高級な化粧水や高価なクリームはいりません。『地球上で最強の美肌成分』は、自分で作り出すことができるのです。そのためにも、洗い過ぎはやめて、皮膚のバリア機能を最良のコンディションに保ちましょう」
         
          
洗浄とは、皮膚の汚れを落とす行為です。
皮膚の汚れには主に二つあり、水溶性の汚れと脂溶性の汚れの二つです。水溶性の汚れについては、水洗いで落ちますが脂溶性は水洗いだけでは十分に落ちません。そこで親水基と親油基を持つ界面活性剤を媒介として落とすわけですが、皮脂も脂溶性のため、汚れと一緒に落ちてしまいます。
昔の皮膚科医は、アトピー性皮膚炎の方に洗浄を進めていませんでしたが、その理由の最たるものが、この「皮脂を落とす」ことにありました。なぜなら、皮脂を落とすことでカバー力がなくなり、角質層の水分蒸散量が増え、皮膚が乾燥、そこからバリア機能の低下につながるからです。
また記事にあるように皮脂が持つ細菌叢を保つ力が損なわれることで異常な細菌叢を招くと、これもバリア機能の低下やIgEを増強することでアレルギー的な要因を生み出すことにもつながります。
このように界面活性剤を使っての洗浄には、一定の「リスク」を伴うわけですが、では洗浄を一切行わないことが正しいのか、というと決してそうではありません。

続きは明日にしたいと思います。

                       
おまけ★★★★大田のつぶやき

洗浄のご相談を受けていると、界面活性剤が良くないから、合成のソープやシャンプーではなく、純石鹸を使っている、と話される方が時々おられます。
昔は合成界面活性剤は石油から作られることで毒性があり安全性に問題があるから、天然の原料から作られた純石鹸が良い、という話を誤解して受け止めているようです。実際、ホームページなどでも、界面活性剤は肌に良くないから純石鹸にしましょう、と書かれているケースもあります。
しかし、基本的に純石鹸も、原料が石油ではなく植物など天然のものを使っているだけで、界面活性作用を持つ「界面活性剤」の塊であることに変わりはありません。
毒性の問題に差はあったとしても、「皮脂を落とすことでバリア機能を低下させる」という働きは、合成の洗剤も純石鹸も全く同じであることを間違えないようにしましょう。