黄色ブドウ球菌は、なぜアトピーを悪化させるのか?(2)

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                    
今日は、昨日の続きです。
黄色ブドウ球菌に対する対策について考えていきましょう。
         
        
●黄色ブドウ球菌は目に見えないので注意が必要
         
アトピー性皮膚炎の方が罹患しやすい感染症は、真菌類やヘルペスウィルスなど多岐にわたる原因が考えられます。これらの感染症は、皮膚をジュクジュクさせ、掻き壊しを生じることで炎症を増悪させますが、注意が必要なのは、「目に見えない状態の感染症」です。
いっけん、普通の肌状態に見えても、実は、黄色ブドウ球菌が占めている細菌叢を形成していると、上記の二つのルートによる炎症悪化を引き起こす可能性があるからです。
       
●対策は?
      
したがって、特にこれから梅雨の時期、黄色ブドウ球菌の感染症には十分な注意が必要と言えるでしょう。健常な方の肌は、無害な菌で細菌叢が形成されることで、黄色ブドウ球菌などが定着しないよう防いでくれています。
つまり、ポイントは「バリア機能」と「健全な細菌叢」の二つです。
洗浄やスキンケアを適切に行うことで、炎症が生じて、掻き壊しからバリア機能を低下させた状態によるマイナス点を補うことが可能になります。
冬の乾燥時期は、乾燥により生じるバリア機能の低下が問題となりますが、これから湿度が上昇した時期も、細菌叢が乱れることによるバリア機能の低下に注意が必要になってきます。

■黄色ブドウ球菌を増やさない方法とは?

まず基本は、皮膚のバリア機能を健全な状態に保つことが大切になります。
毎日の入浴で皮膚を清潔に保ち、またじわっとした汗をかくことで自分の力で行うスキンケアを助けます。同時に、入浴後は保水と保湿を意識したスキンケアも大切になります。
入浴中に気をつけたいことは、ゴシゴシ洗わないことです。皮脂膜まで落としてしまうと、バリア機能を損ないますので気をつけましょう。

もちろん、肌状態は個人差がありますので、黄色ブドウ球菌の問題とは別の影響で悪化している方もいます。しかし、これから梅雨の時期、感染症から肌状態を大きく落とす方が毎年
大勢おられます。
これから梅雨の時期の悪化要因としてポイントとなる感染症について、しっかり対策を行っていきましょう。

                     
おまけ★★★★南のつぶやき

ジュクジュクした肌、乾燥した肌、その方によって、お肌の状態は異なります。
そして、対策もお肌ごとに異なります。
自分の肌状態に合わせた対策については、お気軽にアトピー相談室までご相談ください。

●アトピー相談室 0120-866-933(受付時間 10時~19時)