ゴールデンウィーク期間中の注意点(2)

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                   
今日は昨日に続いて、GW期間中の注意点として、汗の対策について述べたいと思います。
            
         
2.汗をしっかり拭きとろう
            
気温の上昇と共に、汗をかきやすくなりますが、汗をかくとかぶれなどで痒みが誘発され、症状が悪化した経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか?
これは、真菌の一種である皮膚に常在するマラセチア菌(マラセチアグロボーザ、と呼ばれるカビの一種)に含まれるタンパク質が汗に溶けだすことで、皮膚に浸透、抗原抗体反応を起こして炎症から痒みにつながることが広島大学の研究で明らかになりました。
しかし、では汗はアトピー性皮膚炎にとって「悪者」かと言うとそうではありません。
汗は皮脂と乳化することで皮脂膜を形成、自分の体が行うスキンケアの役割を担っています。
つまり、汗は皮膚にとって必要、でも汗を放置するとかぶれの元になる、ということです。
このように、汗はアトピー性皮膚炎にとって「プラス」と「マイナス」の両面の要因となり得るわけですが、できるだけ「プラス」の要因を得て、「マイナス」の要因は排除できるようにしたいところです。
そこで、大切になるのは、
          
・汗はしっかりかく
・かいた汗は、手早く拭きとる
         
という対処です。
汗で痒みが生じる経験があると、どうしても「汗をかかない」生活を心がけたくなります。
しかし、気温が上昇すれば、必然的に汗は「かくもの」です。
それを抑えるためには、冷房など、代謝を下げたり冷えの要因を作り出す環境の中に身を置かなければなりません。
アトピー性皮膚炎の「痒み」に関わる「免疫機能」としての部分は、体のバランスが大きく関わっています。
免疫機能に強い影響を与えているのは、自律神経と内分泌機能ですから、体のバランスを乱すような生活環境要因は、アトピー性皮膚炎の「痒み」を誘発しやすいと言えるでしょう。
また、汗をかかなければ、自らの体で「スキンケア」を十分に行うこともままなりません。
アトピー性皮膚炎を引き起こす原因の一つは、皮膚のバリア機能低下(細菌叢の異常状態や乾燥などから)にありますから、「汗をかかない=スキンケアが十分にできない=皮膚のバリア機能を高めることができない」、ということに繋がってきます。
したがって、汗をかかない生活は、アトピー性皮膚炎を自ら「治していく」ことが難しい生活とも言えます。
もちろん、かいた汗にかぶれて、痒みが生じることは良くありません。
しかし、「汗をかかない生活」を目指すことは、アトピー性皮膚炎の解決から遠ざかっていくことになることを忘れないようにしましょう。
        
●温泉のおしぼりがおススメ
         
家にいるときであれば、自由に汗の対処は可能ですが、外出先ではなかなか難しいことも多いでしょう。
そこで、温泉の「おしぼり」を数本用意して、持ち歩いてみましょう。
          
・用意するもの
箱根の源泉(2リットル)
おしぼり(数本、小さなタイプでOK)
タッパー(浅めのタイプ)
        
・おしぼりの作り方
タッパーにおしぼりを数枚入れます。
その上から箱根の源泉を入れ(300~500ml)、蓋をして冷蔵庫に入れておきます。
外出時に、タッパーからおしぼりを取り出し軽く絞って、保冷容器
(ジップロックなど)に、数枚、詰めます。
                   
外出時、汗をかいたときなど、保冷容器からおしぼりを取り出し、拭ってみましょう。
汗を拭きとるだけでなく、火照った肌のクールダウンもできます。
         
         
GW期間中、積極的に外に出ることは、心身の両面にとって、とても良い影響を与えることができるでしょう。
ただし、アトピー性皮膚炎の方にとって、そこにはマイナスの面も潜んでいることを忘れてはいけません。しかし、そのマイナス面は、しっかりとした対処を行うことで防ぐことができます。
適切な対策をとって、楽しいGW期間をお過ごしください。

                          
おまけ★★★★南のつぶやき

汗の対策は、梅雨に向けたこれからの時期、とても大切になってきます。
今の時期に汗の対策を怠ることで、かぶれや炎症を強くすると、皮膚のバリア機能が低下、梅雨の時期に感染症を発症しやすくなり、アトピー性皮膚炎の状態を一気に落とすことがあるからです。
汗の対策は怠らないように気をつけましょう。