【閑話休題】オリーブオイル神話は危険?

ショウゴです。

 

 

 

 

 

 

 

                               
食の内容は、アトピーだけじゃなく、健康にとって関わってくるけど、巷に溢れる情報の中で、「正しい情報」を探すのは意外と大変だよね。
健康に良いと思っていたのが、実は身体に悪かった、なんてこともあるみたいだから注意が必要かも、
今日は、そんな記事を紹介するね。
        
         
●速水もこみち、大量オリーブオイル使用は人体に極めて危険…間違った食の知識、スーパーに偽物蔓延
http://biz-journal.jp/2017/03/post_18485.html
       
今月、テレビ番組『ZIP!』(日本テレビ系)内の料理コーナー『MOCO’Sキッチン』における速水もこみちの“オリーブオイル大量使用”に対し、視聴者より放送倫理・番組向上機構(BPO)に苦情が寄せられていたことが明らかとなった。
 同コーナーはオリーブオイルが多用されることで知られており、過去には1品の料理に1瓶丸々使用することもあった。また、速水は自身でオリーブオイルのプロデュースも手がけており、「コーナーで毎回のように大量のオリーブオイルを使用することで、自身のビジネスにつなげており、出演番組を金儲けに利用している」(テレビ局関係者)との批判の声も聞こえてくる。
 気になるのは、健康というイメージも広まっているオリーブオイルだが、速水のように大量に使用することは健康を害さないのかという点である。そこで今回は、『「隠れ油」という大問題』(三五館)の著者で植物油研究家の林裕之氏に解説してもらった。
    

▼健康効果に疑問

 

      
オリーブオイルはヘルシーでおしゃれな油として人気があります。地中海地方の人々に心臓病が少ないのは大量に消費するオリーブオイルの効果だとする説が広まり、オリーブオイルが大ブームとなって世界中で品薄状態だそうです。
 しかし、この人気のオリーブオイルにも、さまざまな問題があります。
 オリーブオイルの主成分はオレイン酸(オメガ9脂肪酸)で、50~80%の高率で含まれています。このオレイン酸は、血液中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を減らし、脂質異常症や動脈硬化を防ぐ効果があるといわれています。これが心筋梗塞や狭心症、脳卒中などの心血管疾患の予防に役立つといわれる根拠となっています。
 しかし詳しく分析した結果、魚介類を中心に野菜やナッツ類、フルーツをたっぷりと摂る伝統的な地中海食が良いのであって、オリーブオイルだけに健康効果があるわけではないとわかってきました。
 魚介類を多く食べる人には、心臓病や脳卒中などの心血管疾患障害が少ないことが複数の調査から定説となっていますので、地中海食もオリーブオイルだけではなく、むしろ魚介類に含まれるDHA、EPAなどのオメガ3脂肪酸の効果だととらえるほうが理にかなっています。
 そもそも、オレイン酸は肉などの飽和脂肪酸から体内で合成されるので、必須脂肪酸ではありません。栄養バランスの取れた食事をしていれば、わざわざオリーブオイルから摂る必要はないのです。
    
▼品質偽装

 

      
次に問題なのは品質偽装です。

エクストラヴァージンオリーブオイル(EXVオリーブオイル)は、オリーブの実を絞った汁から不純物を取り除いた、いわばオリーブ100%ジュースで、オレイン酸のほかビタミンEやポリフェノールなどの抗酸化物質を含んでいます。ところが、世界中でEXVオリーブオイルの偽物が蔓延しています。
 化学的に精製されたオリーブオイルをブレンドしたものはまだ良いほうで、なかには大豆油や菜種油、ひまわり油にEXVオリーブオイルを少しだけ混ぜて、クロロフィル(葉緑素)で着色しただけの粗悪品もEXVオリーブオイルとして流通し、イタリアンマフィアの資金源になるなど問題となっています。
 2015年11月10日にも、イタリア国内の食品メーカーが、普通のオリーブオイルをEXVオリーブオイルと偽って販売した疑いがあるとして、イタリアの捜査当局が約10社を捜査していると報じられました。
 オリーブオイルの品質に関する法的規制がないため、スーパーマーケットなどで売られるEXVオリーブオイルの8~9割は化学処理された安いオイルをブレンドした偽物といわれています。
       

▼日本人は偽物のEXVオリーブオイルが大好き

 

       
日本で偽物が横行するのは、法的規制がないことだけが理由ではありません。それは、日本人の舌では本物のEXVオリーブオイルをおいしいと感じないからです。
 14年1月に放送された生活情報番組『所さんの目がテン!』(日本テレビ系)でおもしろい実験が行われました。日本人とイタリア人各10人に、次の3種のオリーブオイルを名前を伏せて試食させ、一番おいしいと思うものを選ばせたのです。
A:普及品エクストラヴァージン(約700円)
B:ピュアオリーブオイル(約450円)
C:高級品エクストラヴァージン(約4400円)
 その結果、10人の日本人のうち、Aを選んだのが6人、Bが4人でした。一方、イタリア人は全員がCを選びました。日本人はひとりもCの最高級EXVオリーブオイルを選ばなかったのです。
 本物のEXVオリーブオイルには抗酸化物質のポリフェノールなどが含まれており、これが苦味や辛味といった本物独特の味と風味を醸し出します。この有効成分の味のクセが日本人には合わなかったのです。日本人にとっておいしいオリーブオイルとは、化学処理して有効成分がないもので、“食べてはいけない偽物”だったのです。

そもそも、EXVオリーブオイルに「普及品」「ピュア」などと冠がつくのもおかしな話ですが、日本人の好きな偽物は、品質の違いだけでなく値段も格安です。実験に使われたオイルの価格差でもわかる通り、本物はとても高価で気軽に買えるものではありません。街のイタリアンやスパニッシュの店でふんだんに使われているEXVオリーブオイルも、ほとんどが偽物です。高価な本物を使っていたら店は潰れてしまいます。
 オリーブオイルに関する結論としては、以下の通りです。
・EXVオリーブオイルには、一般にいわれているほどの健康効果はない
・日本人がおいしいと思うのは偽物EXVオリーブオイルで、食べてはいけない
・本物のEXVオリーブオイルを楽しむには、本物と偽物を見分ける知識と味覚を持ち、かつ高価な味を楽しめる経済的な余裕が必要
 健康に良いと思いながら使っているオリーブオイルは、かえって体に害をもたらす可能性すらあるのです。
 速水さんは、オリーブオイルのみならず、サラダ油を大量に使うことも問題視されています(註1)。サラダ油はオリーブオイル以上に危険性が指摘されています(註2)。速水さんは、油についての正しい知識は持っていないのでしょう。

タレントとはいえ、食品を扱う以上品質や安全性に対する最新の正しい情報を把握していることが必須で、優れた健康効果もなく、油から摂る必要のないオレイン酸が主成分で高カロリーなだけのオリーブオイルを大量に料理にふりかけるのはやめるべきです
              
         
確かに、オリーブオイルっていうと、健康に良いイメージがあるけど、どれだけの量を摂取するのかによって、影響が変わってくるのは、当たり前といえば当たり前だよね。
塩も醤油も、適量は良いけど、多くなれば身体に悪いのと同じような感じがするね。
もちろんオリーブオイルの良い面もあるのだろうけど、「悪い面」を自分が受けないように注意することは大切かもね。

                            
おまけ★★★★大田のつぶやき

エクストラバージンオリーブオイルは、「本物」と「偽物」が入り混じっていることは、以前から問題になることがあるようです。
身体にとって、「脂質」は必要な栄養素ですから、そうした「脂質」の摂取を「良い油」で得ることはとても大切なことです。
ただ、記事にあるように、量の問題も考えるようにしましょう。