【閑話休題】黄砂の時期はいつから?

ショウゴです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                
アトピー性皮膚炎の悪化には、これからの時期、黄砂が関係しているようだけど、黄砂の時期などが開設されたWebがあったので紹介するね。

                   
●黄砂の時期はいつからいつまで?ピークや原因もわかりやすく
http://kinisuru.com/yellowsand-season-598

(中略)

では、やっかいな黄砂の時期はいつからいつまでなのでしょうか?
正確に言うと一年中です。
ですが日本では、9割が2月から5月の間になります。ピークは4月と言われます。春が黄砂の時期と考えて問題ないでしょう。

なぜ、春に集中しピークが4月になるのかですが、発生元での気候や気圧などが問題です。

・冬は風が弱く、砂漠の場所によっては雪に覆われていて砂が舞い上がりにくい時期になります。
・それから春になると、暖かくなり風も強くなり舞い上がり飛んできます。
・夏から秋になると、雨の量が増え地面から黄砂が舞い上がらなくなります。

春になると暖かくなり、乾燥しだした砂漠の砂が風で舞い上がり、ジェット気流に乗って春に飛んできます。4日程度で。
黄砂にとってベストコンディションは4月。ピークは4月です。

夏から冬は、砂漠が絶好調に乾燥していない時期とでも言いましょうか。黄砂は、夏の上空での観測はありますが、地上では観測されていません。
黄砂が地上で観測されるのは、春・秋・冬ですね。
花粉症シーズンと同じ時期の2月から5月の春でピークは4月ですが、黄砂はPM2.5を一緒に運んで飛んできます。本当に困りものです。

(以下、省略)

                         
黄砂の時期は、4月がピークらしいね。
アトピー性皮膚炎の方に影響をもたらす飛散物質は、主に、花粉、PM2.5、そして黄砂があるけれど、花粉が終わったと思うと黄砂の影響が、そして黄砂が終わったと思ったら5月ぐらいから今度はPM2.5の影響が強くなってくるから、これからしばらくの間、いろいろな飛散物質への対策は、怠らない方が良いかもね。

                       
おまけ★★★★大田のつぶやき

飛散物質は、目に見えない部分もあるので、気がつきにくいのが難点です。
花粉症など、即時に症状が現れる場合は別ですが、黄砂やPM2.5の場合、皮膚にダメージを受けても、それが飛散物質の影響なのかが分からず、お肌の状態を春の間に大きく落とす方は珍しくありません。
特に、ここ数年、黄砂やPM2.5による症状の悪化と思われる事例が増えてきていますので、注意するようにしましょう。