2017年3月号あとぴナビより「春先のアトピー対策について」(2)

北です。

 

 

 

 

 

 

 

                         
今日は、昨日の続きで、入浴の対策についてです。
         
         
●春先のアトピー対策について
(2017年3月号あとぴナビ)
      
◇入浴の対策
      
気温が上がり始める時期とは言え、月のほとんどはまだ寒い日が続きます。
冷えの対策として、入浴はしっかり生活の中に取り入れるようにしましょう。
入浴方法は、冬の時期と同じです。
       
39 ℃までの入浴温度で、成人であれば1回の入浴時間を30分ほどにして、半身浴を中心に、できれば1日2回の入浴を心がけることができれば「攻めの入浴」が実践できます。
「ジワッとした汗をかく」ことは、皮脂を伴う汗につながるため、自分の体で行うスキンケアにも役立ちます。
適切な温度での入浴は、血流を良くすることで、ダメージを受けたお肌の修復に役立つだけでなく、スキンケアにも役立ちます。
ただ、40℃以上での入浴を継続することは、アトピー性皮膚炎の方の肌にとって、マイナスを積み重ねる恐れがありますから入浴温度には十分、注意するようにしましょう。
         
         
記事に書かれているように、春先、まだ気温も高くない日が多いので、入浴の対策は冬と同じとなります。
ここで特に注意して欲しいのは、「入浴温度」です。
ブログでもあとぴナビ本誌でも、何度となく取り上げているテーマですが、実際のご相談では、冬から春にかけて、どうしても40℃以上の温度で入浴していた、さらに状態が悪化していた、というケースは多くなります。
体感的に、39℃以下は、ぬるく感じても仕方ありません。
しかし、「乾燥」と「冷え」は、アトピー性皮膚炎の方にとって「大敵」です。
40℃以上での長めの入浴は、乾燥にとって悪影響をもたらしますし、かといって短時間の入浴では、冷えの解消につながりません。
一般の方とアトピー性皮膚炎の方は、体に対する「良い影響」をどのようにもたらしていくのかを考えた場合、「入浴時間」「入浴温度」は、違ってくることを忘れないようにしましょう。

明日は、最後の生活環境の対策について述べます。

                           
おまけ★★★★大田のつぶやき

最近、ご相談をいただく中で、「今年の冬は状態が良く過ごせた」というお話を何件かいただきました。
その状態が良く過ごせた方々に共通していたのは、「お風呂の温度を下げた」という部分です。
最初は、ぬるくて辛かったけど、薬用重炭酸湯など温まれる入浴剤などを併用することで、徐々になれて、最後は高い温度で逆に入れなくなった、とういことでした。
ぬるめの温度と高めの温度は、実際、大きな差が「お肌の状態」につきますので、気をつけるようにしましょう。