【閑話休題】月アレルギー?

ショウゴです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                    
アレルギーの原因となる物質は、いろいろな種類のものがあるよね。
昔の三大アレルゲンと言われた卵、牛乳、大豆、最近では、米や小麦など主食関係も増えてきたし、ホルムアルデヒドなどの化学物質、香料に含まれる気化物質など、多種多様だけど、Webで面白い記事を見つけたので紹介するね。
         
       
●月アレルギーを発症したアポロ宇宙飛行士のお話
http://www.excite.co.jp/News/odd/Karapaia_52234418.html
       
さてさて日本は花粉の季節。今年の飛散量は昨年より5倍増との予想もあるが、こんな話題はどうだろう。宇宙飛行士が月アレルギーを発症したというなんとも気の毒な話だ。
その時アポロ17号の内部は、火薬のようなにおいがしていた。1972年12月、アポロ宇宙船で月を訪れ、足跡を残した最後の人物となった宇宙飛行士のユージン・サーナンとハリソン・”ジャック”・シュミットは、月の海の南東の岸にある、タウロス・リットロウ渓谷での調査を無事に終えた。そして、月の砂塵をかぶったまま宇宙船に戻ってきたのだ。
ふたりは、宇宙服に積もった塵をはらい、ヘルメットをとった。そのとたん、シュミットがくしゃみの発作を起こして止まらなくなった。喉はむずがゆくなるし、鼻が詰まって息が苦しい。
       
■想定外の月塵アレルギー
       
「まさか自分が月塵アレルギーだとは思わなかった」シュミットは言った。それを聞いていた地球に待機していたスタッフは、無線でシュミットの急変をからかった。
「チェックしてないなんて、おかしいな」管制センターのジョセフ・アレンは言った。「安物のノーズ(鼻)に問題があるんじゃないか、ジャック(シュミット)」
       
■月はとにかく塵だらけ
       
月に人間を送り込むことミッションには、あらゆる問題が想定されているが、「アポロの宇宙飛行士たちが指摘したおもな問題は、塵に始まり、塵に終わる、まさに塵一辺倒だった」惑星地質学研究所のラリー・テイラーは、米国土壌科学会のインタビューに答えて言った。
アポロ11号の宇宙飛行士たちも、すべてのものを覆い尽くしてしまう塵の粒子を、いくらはらい落そうとしてもはらいきれないことに悩まされた。
アポロ12号のクルーは、宇宙船が砂塵にまみれ、ヘルメットを脱いだときほとんど何も見えないくらいだったとぼやいた。
    
■月の塵は細かいガラス破片のようなもの
      
月の塵は一見、柔らかで軽そうに見えるが、実際は鋭くやすりのようにザラザラしている。多くは微小隕石の衝突による破片だが、月面は風も流れる水もないため、月塵は摩耗しない。自然が作用することがないので、砂粒の角が丸くならないのだ。
粉状になった細かいガラスの破片を吸い込んでいるようなもので、健康に重大な害を及ぼす。粒のひとつひとつがギザギザしているので、深く吸い込むとそれが肺に留まり、肺胞嚢や肺胞管を傷つける。
結果的に月面版珪肺症(けいはいしょう)を引き起こすことになる。これは炭坑作業員がよくかかる致死性疾患で、今でもアメリカでは年間100人がこの疾患で亡くなっている。
さらに問題を複雑にしているのは、月の塵には鉄分が多く含まれていて、この鉄を帯びた塵が最近になってアポロ宇宙飛行士の間に高血圧を引き起こしている。
これまでのアポロ計画の報告書で、月塵災禍のことは報告はされていたが、シュミットを思いとどまらせるほどではなかった。
ハーバードで教育を受けたこの地質学者は、月の地形を研究するためにゆうに10年を捧げ、アメリカ地質学調査の宇宙地質学部門で働き、望遠写真を使って、月や惑星の地図を作った。
NASAから宇宙に行くことに興味があるかと訊かれたとき、シュミットに躊躇する理由はなかった。「10秒考えて、挙手して志願した」シュミットは1999年のNASAの口述歴史記録プロジェクトでこう語った。
         
■月塵災禍は知っていてもまさかアレルギーがあるとは・・・
       
シュミットほど、月の地質に精通している宇宙飛行士はいなかった。これまでのアポロ宇宙飛行士たちは、全員軍のパイロットとしての経歴があったが、シュミットは月を歩いた最初で最後の科学者となった。
マスコミは地質学者宇宙飛行士をロマンチックに描いて、もてはやすことはしなかった。ニューヨークタイムズは、シュミットのことを37歳の物静かでまじめな独身男で、自分のテレビやステレオも持っていない、と書いただけだった。
月へ行くためのトレーニングで、シュミットは53週の飛行訓練コースを終了し、2100時間のフライトタイムを記録した。まさか、長年遥か彼方から研究してきた月の塵アレルギーに悩まされることになろうとは、夢にも思わなかっただろう。
1972年12月、シュミットは山に囲まれ、砂塵が延々と続く月のタウロス・リットロウ渓谷に降り立った。最初の月面歩行の間に、月面移動車(LRV)のフェンダーがなくなってしまい、タイヤがスピンして、LRVは砂塵を巻き上げた。
あらゆる隙間やひだに塵が堆積し、シュミットの宇宙服の見えないところにも入り込んだ。
宇宙服の関節部にも詰まってしまい、腕が動かしにくくなった。ブーツにも入ってきて、研磨作用があるせいで、ケブラー(軽くて強度のある繊維)のような3層素材でも擦り切れてしまうほどだった。
宇宙飛行士たちが、宇宙船に戻ってきたとき、塵をはらうのにとてつもなく長い時間がかかった。シュミットはヘルメットをとったとたんくしゃみが止まらなくなった。鼻だけでなく、目や喉までチクチクしてたまらず、口にまで入ってきてじゃりじゃりだったと、ぼやいていた。
この状態が2時間ほど続き、NASAの医師であるビル・カルパンティエによって月塵によるアレルギー反応だと診断された。
         
         
(中略)
          
         
月の塵でアレルギーが起きるなんて、すごいよね。
反応から考えると、即時型の反応だったと思うけど、思いもよらないアレルゲンは、いろいろなところに潜んでいるのかも。
これから花粉症の季節だし、飛散物質には気をつけようね。

                 
おまけ★★★★南のつぶやき

今回の記事で、気をつけておきたいことは、舞いあがった塵でアレルギー症状が起きた、という部分だと思います。
今の私たちの生活環境内においては、舗装された道路が削られて舞い散った塵が、化学物質過敏症の原因となったこともあるようです。
花粉症や、黄砂、PM2.5など、飛散物質でアトピー性皮膚炎が悪化しやすい時期を迎えますので気をつけるようにしましょう。