アトピーの方は、なぜ乾燥が良くないのか(2)

今日は昨日の続きじゃ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                          

乾燥による問題点とは、どういったことが考えられるのかを述べたい。
         
        
●お肌の乾燥による問題点
        
       
1.痒みの神経線維の問題
        
「痒み」という感覚は、昔は痛みを感じる神経が伝えておる、つまり痒みと痛みは似た神経だと考えられておったようじゃ。
実際、痒みを感じている方に人工的な痛みを与えると、痒みが薄れ痛みだけを感じることが多くなる、という研究報告もある。
じゃが、最近は、痒みは痛みとは違う神経経路により、伝達されていくことが分かったのじゃ。
この、痒みを伝える神経線維は、皮膚上において、本来は真皮内で留まっておる。
しかし、ある条件が加わると、真皮内から角質層内へと延びて侵入することが分かったのじゃ。
この「条件」が、角質層内の水分が不足した状態が継続した場合じゃ。
そして、角質層内に侵入した神経は、本来、真皮内において炎症などの反応から生じる化学伝達物質により「痒みと言う情報」を伝えていたはずが、角質、つまり肌に対するちょっとした物理的な刺激を「痒み」として伝達しやすくなることが分かっておる。
アトピー性皮膚炎の方で、痒くはないのじゃが、何気なく、肌を触っていたら、少しずつ痒くなり始め、気がついた時には、最初に触った場所だけでなく、いろいろなところを「ぼりぼり」強く引っ掻いて、肌状態を悪化させてしまった、という経験をお持ちの方も多いのではないじゃろうか?
         
この痒みの神経線維の問題は、実はやっかいな側面を持っておる。
アトピー性皮膚炎の治療として使われる代表的な薬はステロイド剤やプロトピック軟膏じゃ。
これらの薬剤は、いずれも免疫抑制効果を持ち、免疫を抑制することで炎症反応を抑え、炎症により生じることになる痒みを抑える、という働きを持つ。
しかし、角質層内に侵入した神経線維が、外部の刺激から「伝達する痒み」とは炎症反応から生じておらんので、こうした薬剤のでは痒みを抑えられない。
もちろん、いったん掻き壊してしまえば、そこで炎症反応が生じ、そこから二次的な痒みが生まれることになるので、そういった後発的な痒みはステロイド剤などが抑えてくれる。しかし先発的に生み出された刺激による痒みについては、「触る」ことで痒みが生まれるので、掻き続けている限り、なかなか治まることがない。
アトピー性皮膚炎の方で、「掻きだしたら止まらない」という経験は誰しもが持っておると思うが、こうした刺激による痒みの伝達もそこには関係しておるわけじゃ。
          
          
2.異物の侵入を許しやすい
        
角質層は、レンガがキレイに積み上がった角質細胞と、その角質細胞を支える角質間細胞から成り立っておる。
角質層が乾燥した状態とは、この角質細胞を支えておる細胞間脂質の水分が不足して起きることがある。
細胞間脂質の水分が不足すると、角質細胞を支えきれなくなり、レンガが崩れた状態になる(イメージとして)。そうなると、角質細胞の間は、隙間が多くなり、そこを皮膚に付着した大気を浮遊する異物(細菌やほこり、アレルゲンなど)が侵入、通過することで、免疫反応が起きて、炎症が生じることになるわけじゃ。
一般の方がイメージする、「バリア機能の低下」とは、この状態を指しておることが多いようじゃ。
        
      
他にも問題点があるのじゃが、続きは明日にしたい。

                          

おまけ★★★★東のつぶやき

昨年、九州大学を取材、痒みを増幅するグリア細胞など神経の働きを取材しました。
研究を行った津田先生にお話をお伺いした際、痒みとは皮膚などさまざまな場所で起こっても、それを「痒み」として認識するのは「脳」の役目であることを最初にお聞きしました。
確かに、アトピー性皮膚炎は皮膚に症状があらわれますので、どうしても皮膚の状態に着目してしまいますが、結局のところ「掻き壊す」こと自体は、「痒み」という感覚の問題であることは確かです。
興味のある方は、取材した記事が情報Webあとぴナビに掲載されていますので、ご覧ください。

●アトピーの痒みはなぜ慢性化するの?
http://www.atopinavi.com/navicontent/list?c1=health&c2=1&c3=143