開封後、時間が経ったスキンケアアイテムには注意を

こんにちは。南です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                             
さて、スキンケアアイテムをお使いの方は、状況の変化により、使わなくなったアイテムはどうされているでしょうか?
乾燥時期が終わった、症状が良くなった、いろいろな理由でスキンケアアイテムを使わなくなることはあるかと思います。
先日、「乾燥した症状が突然出始めたので、数年前に使って残っていたスキンケアアイテムを使ったら、炎症がひどくなった」というご相談をいただきました。
アイテムの保管状況も、引きだしの中に常温で入れたままだったようで、とりあえず新しいアイテムがくるまで古いアイテムはつけないことをお願いしました。

炎症が出た肌は、その後、バリバリと離脱状況のような激しい乾燥状態と炎症が見られましたが、新しいアイテムが到着して、ケアを再開したところ、わずか二日間で元の肌状態に戻りました。
おそらく、使っていたアイテムが、オイル系のアイテムでしたので、常温で放置されたことで酸化し、お肌がかぶれたように思います。

一部の特殊なアイテムを除き、一般的なスキンケアアイテムは、基本的に未開封で5年間は保存できるように製造されています。
しかし、開封後は、空気に触れることで劣化しますので、長期間の放置は良くありません。
では、どれくらいの期間までは大丈夫なのかと言うと、保管している環境によって異なりますから一概には言えません。
目安としては、高温多湿の場所(車の中、浴室など)でなければ、開封後は3カ月以内、冷蔵庫保存でも半年以内には使い切りたいところです。
ローション、ジェル、クリーム、オイルなど、ケアアイテムの形状により異なりますので、詳しくはメーカーにお尋ねいただきたいと思いますが、少なくとも一年以上経過したアイテムの使用について、お肌の状態が悪い部位に使用することは、お勧めできません。
健常なバリア機能が働くお肌であっても、酸化したオイルなどを塗布すれば、かぶれることは十分考えられます。

古いアイテムの使用は、十分に気をつけるようにしてください。

                          
おまけ★★★★南のつぶやき

冬の乾燥時期になったから、去年の冬に使っていたアイテムを使い始めた、というケースは良く耳にします。
他にも、UVアイテムを紫外線が強いシーズンだけ使用している方は、去年のものが残っていたので使った、というケースは多いようです。
もちろん、保管状況などにより使用しても平気なケースはありますが、少なくとも年単位で放置したアイテムは、放置する前と比べて全く同じ状況ではなく、多少の劣化は始まっています。
もったいない、と思うこともありますが、お肌に異常を与えるリスクを考えると、なるべく時間が経ったアイテムは使わないようにした方が良いでしょうね。