【閑話休題】マグロの過食が胎児に影響を?

ショウゴです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

             
成人にとって問題ない量でも、子どもには問題がある、というのはいろいろなケースがあり得るけど、身近な食材で胎児に対する影響が心配されている記事があったので紹介するね。
         
         
●<メチル水銀>マグロ過食に注意 妊婦から胎児へ影響
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161128-00000001-mai-sctch
         
マグロやメカジキなどメチル水銀を比較的多く含む魚介類を妊婦が食べ過ぎると、生まれた子の運動機能や知能の発達に悪影響が出るリスクが増すことが、東北大チームの疫学調査で分かった。メチル水銀は水俣病の原因物質だが、一般的な食用に問題のない低濃度の汚染でも胎児の発達に影響する可能性があることが明らかになるのは、日本人対象の調査では初めて。
2002年から、魚をよく食べていると考えられる東北地方沿岸の母子約800組を継続的に調査。母親の出産時の毛髪に含まれるメチル水銀濃度を測定し、子に対しては1歳半と3歳半の時点で国際的によく用いられる検査で運動機能や知能の発達を調べ、両者の関係を分析した。
毛髪のメチル水銀濃度は低い人が1ppm以下だったのに対し、高い人は10ppmを超えていた。世界保健機関などは、水俣病のような神経障害を引き起こす下限値を50ppmとしている。
濃度が最高レベルの人たちの子は最低レベルに比べ、1歳半時点で実施した「ベイリー検査」という運動機能の発達の指標の点数が約5%低かった。乳幼児期の運動機能は将来の知能発達と関連があるとされる。3歳半時点の知能指数検査では男児のみ約10%の差があった。海外の研究で、男児の方が影響を受けやすいことが知られている。
国は05年、海外の研究を基に、妊婦に対しメチル水銀の1週間当たりの摂取許容量を体重1キロ当たり100万分の2グラムと決めた。厚生労働省はこれに基づき、クロマグロの摂取は週80グラム未満とするなどの目安を示している。今回の調査では食生活も尋ねており、約2割がこれを超えていたと考えられるという。
研究チームの仲井邦彦・東北大教授(発達環境医学)は「目安を守れば、影響は心配しなくてよいと考えられる。魚には貴重な栄養も含まれており、妊婦が魚を断つことは好ましくない。食物連鎖の上位にいるマグロなどを避けサンマなどを食べるなど、魚種を選ぶことが大切だ」と話す。【渡辺諒】
                  
◇厚生労働省が定めた妊婦の摂取目安
※週80グラム未満
クロマグロ、メバチマグロ、メカジキ、キンメダイ、ツチクジラなど
          
※週160グラム未満
キダイ、ユメカサゴ、ミナミマグロ、クロムツ、マカジキなど
         
※刺し身なら1人前、切り身なら1切れが約80グラム
          
◇個人、環境要因で差
             
東北大チームの研究で比較的低濃度のメチル水銀でも妊婦が摂取した場合、胎児の発達に影響するリスクがあることが明らかになったが、影響の受けやすさには個人差があり、多く摂取した母親の子が必ずしも大きな影響を受けるとは限らない。今回の研究結果は、個人レベルではなく、集団として将来知的障害と判断される子の割合が増えることを意味する。
例えば1000人の集団の場合、メチル水銀の影響がなくても、知的障害と判断される子が23人程度生まれることが経験的に分かっている。メチル水銀を多く摂取した結果、ベイリー検査の点数が約5%下がることは、これが約2倍の48人程度になるリスクが生じることに相当するという。
子どもの発達には遺伝や教育など、さまざまな環境要因も大きく影響する。また、低濃度のメチル水銀と子の脳の発達の関係は未解明のことが多い。個々の子に知的障害が疑われる場合、メチル水銀が影響したかどうかは判別できないのが現状だ。【渡辺諒】
         
【ことば】メチル水銀
         
水銀は地殻や土壌に含まれ、火山噴火や石炭の燃焼、金の採掘などに伴って排出される。これが水中や土壌中で微生物の働きなどによって化学変化し、メチル水銀が生成される。海水にも含まれ、食物連鎖によって徐々に濃縮し、上位に位置するクロマグロなどで濃度が高くなる。水俣病は、工場排水中の高濃度のメチル水銀が原因となった。
       
      
日本の食卓で、マグロはごく一般的な食材として使われているけど、食物連鎖の頂点にたつことで、水銀の濃度が高くなって胎児に影響が出る可能性がある、というのは気になる話題だよね。
成人にとっては問題ない量でも、胎児には問題がある、というのは水銀に限ったことではないと思うんだ。
この前、大気汚染とアトピー性皮膚炎の関係について東北大学の研究報告を紹介したけど、食物の中に濃縮されていく化学物質で、アトピー性皮膚炎に影響がみられる物質、というのも今後、明らかになることがあるのかもしれないね。

                      
おまけ★★★★博士のつぶやき

統計学的な面で影響が出ていることが確認されておるわけじゃから、もっと告知されてもよいはずじゃが、それほど話題にはなっておらんようじゃの。
もっとも、最後に書かれているように、「個々の子に知的障害が疑われる場合、メチル水銀が影響したかどうかは判別できないのが現状だ」という部分が風評被害を生みやすいことも関係しておるのかもしれんが、少なくとも「妊娠」という一定期間に限定された部分での注意なわけじゃから、覚えておいた方が良いかもしれんの。