アトピー性皮膚炎の方が注意したい入浴について(2)

大田です。

 

 

 

 

 

 

                
今日は、昨日の続きです。
最近のご相談で39℃では温まらない、と話される方がいるのですが、本来、39℃でも体温より高く、温かく感じるはずです。では、なぜ39℃では温まらないと感じるのでしょうか?

                   

●なぜ、39℃だと温まらないと感じるのか?

この理由は、大きく挙げると二つがあります。

1.これまで40℃以上で入浴していた方は、入浴時間が10分以内のことが多く、同じような時間で入浴したことで、冷えの解消にいたるまでの時間、入浴していなかった。

2.39℃での入浴は、皮膚表面の温度を上げすぎずに体内に温度を「伝える」ことができるのだが、皮膚表面の温度が上がらないことで「温まらない」と勘違いしている。

                  

1つ目は、これまでの入浴習慣と同じような感覚だったため生じるので、入浴時間を時計で計ってもらうと、温まれるまで入浴していなかったことが分かります。
2つ目は、入浴後に手早く体を拭き、すぐに衣類と靴下を着用していただくと、温まっていないように感じていても、時間が経過した時の「手の温かさ」が違うことで血流が良くなっていたことを実感できます。

体感で「温かい」と感じることと、実際に体が「温まる」ということは「別物」です。
ヒトの場合、身体の体温は、必要な温度幅がそれほど広くはありません。せいぜい1~2℃の範疇に留まっていることが必要です。
41℃以上の温度は、体にとって、「必要な温度」ではなく、受け入れてはいけない温度です。
したがって、そういった温度は体が受け入れまいと拒否するように働きます。
熱いお風呂に1時間入ることは無理でしょうし、無理やり1時間はいったらそれこそ、大変なことになるでしょう。
熱いお風呂に入ると苦しくなるのは、体が「入らないように訴えている」からです。
しかし、ぬるい温度であれば、1時間入ることはさほど難しくはありません。

身体の熱は、わずかな熱で十分に「血流を良くする」働きが機能します。
あとは、それが継続できるように時間をかけて、血流を良い状態を維持させることです。

アトピー性皮膚炎の方にとって求められる入浴とは、健常な方が行う入浴とは、お肌と冷えの解消の両面から考えると、異なる部分があることを忘れないようにしましょう。

                   
おまけ★★★★南のつぶやき

入浴も、生活習慣の中で反復して行う上では一つの「訓練」と言うことができます。
ぬるい温度がどうしても気になる方は、入浴前の足浴など、補助することで解消するような方法もありますので、独自の判断で入浴をあきらめずに、まずは相談ダイヤルにご相談いただければと思います。

冬の時期、正しい入浴を行えば、アトピー性皮膚炎の方にとって、それは大きな「武器」となります。
乾燥する時期を乗り越え、そしてアトピー性皮膚炎を克服していくために、「正しい入浴」を取り入れてみましょう。

●入浴に関するご相談は、お気軽にアトピー相談室まで
フリーダイヤル 0120-866-933(受付時間 10時~19時)