【閑話休題】薬剤耐性菌が世界経済を危機に陥らせる?

ショウゴです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                          
アトピーとは直接関係ないけど、健康が全く違う分野に影響を与える恐れがある、という記事があったので紹介するね。
       
        
●薬剤耐性菌のまん延で世界経済危機の恐れ 世界銀行
http://www.afpbb.com/articles/-/3101461
        
すべての既存薬に耐性を持つ強力な細菌「スーパーバグ」のまん延により、2008年の世界金融危機と同レベルかそれを上回る世界的な経済危機が誘発される恐れがあるとする報告書を世界銀行グループ(World Bank Group)が19日発表した。
「薬剤耐性菌感染症:私たちの経済の将来への脅威」と題されたこの報告書では、抗生物質などの抗生剤が従来のように感染症に効かない場合にどんな問題が起きるかについて考察されている。
抗菌薬への耐性は増加傾向にあり、今後、多くの感染症が再び治療不可能となり、生活困窮者が増えて各国は多大な代償を払う事態に陥ると予想されている。この問題に関する最近の調査結果の予測では、2050年までの世界全体の経済的損失は100兆ドル(約1京円)に上る。
世界銀行グループは2017年から2050年までを予測した最新の報告書を発表し、世界で最も貧しい人々と国々が最も大きな打撃を受ける可能性があると指摘している。
この報告書によると、スーパーバグのまん延によって、2050年までに極貧状態に陥る恐れがあるのは最大で2800万人。その大半は開発途上国の人々だ。
報告書は「世界は現在、1日1.9ドル(約190円)で暮らす極貧層を2030年までになくす方向におおむね向かっており、極貧層の人々の割合を3%未満に抑えるという目標に近づきつつある」ものの、「抗菌薬耐性により、この目標は達成不可能となる危険性がある」と指摘。さらに、低所得国は2050年までに国内総生産(GDP)の5%以上を失う恐れがあると述べている。
また、世界の輸出量は2050年までに最大3.8%縮小し、家畜の生産は年間2.6~7.5%減少すると予測している。一方で世界の医療費は2050年まで1年につき3000億ドルから1兆ドル(約30兆円から約100兆円)程度増える可能性があるとしている。
抗菌薬耐性の問題に対する答えは容易には見つからない。そのため、この危機は持続する可能性が高く、過去に起きた金融危機のように循環的な回復によって解決しそうにない。
今週米ニューヨーク(New York)で開かれる国連総会(UN General Assembly)で薬剤耐性に関する特別会合が丸1日かけて行われる予定になっている。
          
         
薬剤耐性菌の問題は、これから深刻化する恐れがあることは、随分前から指摘されていたことだけど、今回は、世界銀行が経済面への影響から触れているのは興味深いよね。
それと、記事内にはさらっと書いているけど、「家畜の生産は年間2.6~7.5%減少すると予測している」というのも、人口増と食糧危機が今後、深刻な問題を孕んでいる、と指摘する研究者もいるぐらいだから、将来的に見込まれる数字としては、覚えておいた方が良いのかも。
個人レベルで解決できる問題ではないけど、薬剤を使用する患者側だからこそ、こうした問題は考える必要があるのかもね。

                       
おまけ★★★★博士のつぶやき

日本でも、国家予算にしめる医療費の割合をみると、2050年のような先の話ではなく、数年後のレベルで心配になる部分は多いものじゃ。
医療が健康を支える部分があるのと同時に、過剰な医療が健康を「害する」部分も指摘されておることは忘れれてはならんじゃろうの。