睡眠とアトピーの再発?

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                         
アトピー性皮膚炎の症状がいったん治まった後に、数カ月、あるいは数年してから症状が再発する、こうした経験をおもちの方はおられると思います。
とはいえ、最初にアトピー性皮膚炎が現れた時と同じ発症原因であれば「再発」と考えても良いのでしょうが、まったく違った原因から症状が現れた場合、これは再発、というより「新たなアトピー性皮膚炎が発症した」と考えた方が良いかもしれません。
そして、この「再発」の要因は、反復継続して営まれる毎日の「生活習慣」に潜んでいることが多いのですが、睡眠とアトピーの再発の記事があったので紹介しましょう。
         
         
●注意!治ったはずのアトピー、不眠で再発=「大人アトピー」増加中。
https://news.nifty.com/article/item/neta/circl-17752_1/
         
アトピーと聞くと、子どもの病気をイメージする人が多いだろう。実はこのアトピー、成人になって再発することもあり、「大人アトピー」と呼ばれているそうだ。今回は、不眠症が原因となることもある大人アトピーについて紹介しよう。
国際統合治療協会により、20代後半~30代後半の女性が実感している体の不調に関するアンケート調査が行われた。アンケートで、体の不調をワースト3まで挙げてもらったところ、以下のような結果が出た(※1)。
         
1位 湿疹
2位 アトピー
3位 ニキビ
4位 不眠症
5位 ストレス・頭痛
       
□不眠症が、最近増えている「大人アトピー」の原因に
 
アンケートによると、女性の体の不調の1~3位を肌トラブルが占め、4位に不眠症、5位がストレス・頭痛という結果になっている。
実は、この結果を反映するかのように、近年「大人アトピー」は増加しているらしい。アトピーは、遺伝因子のある子どもに見られ、アレルゲンによって症状が現れるが、年齢とともに改善するケースもある。
しかし最近、いったん症状が治まった子ども時代のアトピーが、成人した後に再発してしまう「大人アトピー」の患者が増えている。
大人アトピーの再発には、睡眠不足やストレスなどの生活習慣の乱れが関与しているという(※2)。
        
□大人アトピーと不眠症 悪循環の関係性
         
アトピーの症状は、肌がかさついて細かなぶつぶつができ、非常に強いかゆみを生じる。症状が良くなったり、悪くなったりを繰り返し、慢性的な経過をたどる皮膚の病気だ。
かゆみがひどい場合は、強い薬の一つであるステロイド剤が処方されるケースも多い(※2)。ステロイド剤は炎症を抑える作用がある半面、不眠などの副作用もある(※3)。また、かゆみの症状により、寝付きが悪くなったり、眠りが浅くなって途中で起きたりするなど、不眠症を引き起こす原因にもなりかねない。
そして、睡眠不足によって体の免疫力が低くなったり、寝ている間に無意識に行うかきむしり行為により、アトピーの症状が悪化したりする可能性もある(※4)。
要するに、アトピーは不眠症を引き起こしやすく、不眠症がアトピーを悪化させるという悪循環の関係にあるのだ。
かゆみは身近である割に、苦痛の強い症状の一つだ。子ども時代、アトピーに悩まされていた人は成人になったからと安心せずに、睡眠をしっかり取り、ストレスをためないようにして、アトピーの再発を防ぐ必要があるだろう。
            
         
睡眠不足が一日だけあった場合、すぐにこうした影響が見られる、ということはありません。
影響が見られるほとんどのケースは、睡眠不足の生活が「継続」した場合です。
これは、睡眠に限らず、運動や食事など、他の生活習慣の影響を受けてアトピー性皮膚炎の症状が現れることもあります。
最近は、アトピー性皮膚炎の原因として、アレルギー以外の原因も模索されるようになりましたが、こうした生活習慣の積み重ねは、その生活習慣が体に対してマイナスの負荷を与えている場合、アトピー性皮膚炎に限らず、他の疾患として症状を現わすことも考えられます。
また逆に、他の重大な疾患として体にマイナスが蓄積される前に、「アトピー性皮膚炎」という皮膚症状でサインを体が送っている、と考えられる部分もあるでしょう。

今回の記事で紹介した「睡眠」は、こうしたアトピー性皮膚炎の症状、あるいは発症に関わる要因として、「基本的」な部分で深く関わっています。
自律神経や内分泌系の働きは、睡眠との関わりが深いからです。
毎日の生活習慣が体にとって「マイナスの負荷」を「蓄積」させていないかは、しっかり注意するようにしましょう。

                         
おまけ★★★★南のつぶやき

これから秋が深まってくると、残暑の時期よりも夜の睡眠は取れやすくなります。
比較的、秋の季節はアトピー性皮膚炎の状態が落ち着かれる方が多いのですが、こうした睡眠が取れやすくなる状況もプラスに働いているのかもしれません。
毎日の睡眠は、アトピー性皮膚炎にとってプラスの影響を与えられるようにしたいですね。