梅雨の時期、感染症の注意と対策を(2)

大田です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                   
今日は、昨日の続きで、アトピー性皮膚炎を悪化させる感染症に対して、実際の医療現場いにおいて、どういった治療が行われているのかについて、見ていきましょう。

基本的に、感染症の「治療」は、病院で処方される薬剤が中心となります。
生活面での「対応」も一部可能ですが(明日、述べたいと思います)、増殖のスピードが速い場合、もともと掻きわしがみられてバリア機能が低下したアトピー性皮膚炎の方の肌状態を加味すると、「外部からの補助」=適切な薬剤、が有効であるケースも多いと言えます。

本来、感染症とアトピー性皮膚炎を、しっかり区別できる専門医であれば、仮にステロイド剤など免疫抑制を行う薬剤を処方したとしても、同時に、感染症に対応するための抗生物質や抗ウィルス剤を併用します。
しかし、アトピー性皮膚炎を抱える方に見られる「皮膚症状」、つまり掻き壊しに伴う炎症を、単にアトピー性皮膚炎により生じたもの、と安易に考える医師は、ステロイド剤やプロトピック軟膏など、免疫を抑制する薬剤のみを処方、薬を塗布後、数日は皮膚の状態が落ち着いても、その後、再び症状が出てくると、より強い効果を持つ薬剤に変更するケースが多く、これが、ステロイド剤の副作用を招く長期連用の「きっかけ」となっているケースも少なくありません。

注意して欲しいのは、そうした皮膚に現れた症状の原因を追求せず(アトピー性皮膚炎の炎症なのか、感染症の炎症なのか、など)、安易にステロイド剤など免疫を抑制する薬剤を処方する医師が、「アトピー性皮膚炎の専門医」として宣伝しているケースがあることです。
処方したステロイド剤などに添付されている注意書きには、感染症に対する使用を「禁忌」と定めていることがほとんどなのですが、「現場の医師の判断」を優先、つまり、皮膚の炎症を抑える治療を第一に行うことが感染症治療よりも優先するべき、という説明を患者にする医師も多く、実際、そうした治療で皮膚症状が、悪化しても、感染症の悪化には目を向けず、「アトピー性皮膚炎の悪化」と判断、皮膚症状を「こじらしていく」こともあります。
「他の治療法」がないのであれば仕方ないでしょうが、治療の選択肢は、ある意味、数多くある中で、もっとも処方しやすい(患者が満足しやすい=皮膚の炎症が一時的に抑えられる)治療を優先することは、「医師側の利益」となっても、「患者側の利益」には繋がっていない場合もあります。

※感染症に対する薬剤の処方は、アトピー性皮膚炎患者の場合、病院ごとの「上限」が定められる地域もあり、一定の患者数以上に抗ウィルス剤を処方すると、レセプトで受付けてくれないため、「アトピー性皮膚炎」という病名に対してレセプトが 「通りやすい」薬剤の治療が中心となることがあるため。

皮膚症状が極端に悪化した場合、感染症悪化のリスクを承知の上で、ステロイド剤など「炎症を一時的に抑える治療」を優先した方がよいケースがあることも確かです。
しかし、その場合も、感染症に対する治療は並行して行われるべきであり(炎症を抑えることでバリア機能が回復、感染症を自ら治せるケースは、比較的、軽症状に限られるため)、症状が繰り返し現れるたびに、少しずつ強いランクのステロイド剤に切り変えていくことは、薬剤使用のベネフィットよりもリスクの方が高まる恐れもあるでしょう。

アトピー性皮膚炎の皮膚症状と感染症は、実のところ、「専門医」でも判断が難しいことは確かです。実際、関西地方の某大学病院の皮膚科で、アトピー性皮膚炎の症状が悪化したと判断され、ステロイド剤の治療を一年近く受けても良くならなかったのが、感染症を専門で診る皮膚科医を受診、ステロイド剤は使用せず、抗ウィルス剤と抗アレルギー剤の処方を受けたところ、2週間で症状が軽快した、という事例もありました。

いずれにしても、今の時期、皮膚症状が悪化した場合、「アトピー性皮膚炎の悪化」だけではなく、「感染症」など他の要因が関係しているケースが多くなってきますので、注意するようにしましょう。

明日は、最後に生活の中で行える対策などについて考えてみましょう。

                     
おまけ★★★★西のつぶやき

今回のブログに書かれている「レセプト」(医療機関が保険者(市町村や健康保険組合等)に請求する医療報酬の明細書のこと)では、実際の例として、アトピー性皮膚炎患者にヘルペスウィルスの感染症と診断、抗ウィルス剤を処方していたところ、アトピー性皮膚炎患者に抗ウィルス剤が多用されるのはおかしい、としてレセプトが通らなかった事例があった。
保険の審査を行うものは、医療現場で該当患者に接しているわけではなく、このような判断が安易に行われるのはいかがなものかと思うが、病院側は、こうした「リスク」も踏まえて薬の処方を行っている、という側面があることは忘れないようにした方が良いだろう。