2016年5月号より「5月のアトピーケア」(3)

北です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                       
今日は、日常生活内容の要因で5月に気をつけたい項目を考えてみましょうm。
      
       
●5月のアトピーケア
(2016年5月号あとぴナビ電子版より)
      
■5月に気をつけたい日常生活内の要因について
       
5月は春の悪化要因と、梅雨から初夏にかけての悪化要因が、入り混じりやすく、一年の中でも、
状態を落とす方が比較的多い月です。生活内に潜む悪化要因について考えてみましょう。
       
▼睡眠
       
これからの時期、気温が高くなるにつれて、寝汗対策が大切になってきます。
特に、寝汗は直接痒みの原因となるだけでなく、これから梅雨の時期を迎えてダニを増やしたり、カビの誘因にもなります。
そこで、寝間着や寝具を気温に合わせて適切なものに変えることが大切です。
睡眠は、内分泌が関わるアレルギー的な要因だけでなく、皮膚の再生も就寝中に行われるため、皮膚のバリア機能そのものにも関わる重要な生活内の要因です。
「睡眠」がアトピー性皮膚炎に対してプラスとなるように工夫しましょう。
        
▼洗濯
       
汗をかきやすい時期は、洗濯ものも多くなります。
アトピー性皮膚炎の方の場合、皮膚のバリア機能を維持させることが大切ですが、界面活性剤による洗濯洗剤は、全自動洗濯機の場合、どれだけすすぎ回数を増やしても一定量が残留することが分かっています。
衣類に残留した洗剤は、汗と乳化することで皮脂を取り、乾燥やバリア機能の低下を招きます。
特に、汗をかきやすい新生児や小児は、直接肌に触れる衣類の洗浄は、界面活性剤を使用していない洗剤で洗うことが大切です。
なお、純石鹸は界面活性剤でないと誤解されている方もいますが、合成か天然かの違いだけであり、純石鹸(油脂にアルカリ成分を反応させ鹸化させ、脂肪酸ナトリウムか脂肪酸カリウムが主成分)も「界面活性剤」に違いはありません。
もちろん、合成と天然の違いによる毒性の問題などはあるようですが、アトピー性皮膚炎の方の肌に対する最も大きな問題は、バリア機能に対する影響であり、その部分だけでみると、合成洗剤も純石鹸も界面活性剤である以上、同等の影響を生じさせますので注意が必要です。
          
                 
今回は、睡眠と洗濯について取り上げました。
日常生活は、毎日のことだからこそ、「良い条件」で過ごすことが大切になってきます。
気をつけるようにしましょうね。

明日は、今回紹介した記事の最後で「飲料水」と「プレスキンケア」について述べましょう。

                       
おまけ★★★★博士のつぶやき

このブログの中でも、たびたび述べていることじゃが、アトピー性皮膚炎にとって、「寝ること」はとても大切な意味合いを持っておる。
「寝ないと治らない」と考えられるケースも多い。
寝汗など、睡眠がとりづらい時期を迎えるが、寝具などを工夫して、睡眠がとれる環境も考えていくと良いかもしれんの。