【閑話休題】お米を食べない若者

ショウゴです。

 

 

 

 

 

 

 

 

              
アトピー性皮膚炎に「良い」食事として、和食が取り上げられることが多いけど、和食の代表格といえる「お米」の消費が若者を中心に減っている、という記事があったので紹介するね。
         
       
●若者の米離れ顕著 「1カ月食べず」20代男性2割 農水省調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160328-00010001-agrinews-soci
        
月に一度も米を食べていない人が20代男性の2割に上ることが、農水省の食生活実態調査で分かった。男女を通じて若い世代ほど米を食べていない。食生活の多様化が背景にあり、米の消費減少を裏付ける調査結果になった。
和食文化が日常生活で実践されているかを調べるため、農水省が委託して昨年10月、全国の20~69歳の男女を対象にインターネットで調査した。有効回答数は約1万人。
最近1カ月間の食生活を聞いたところ、「米を食べる」と回答した人は全体の93%。残りの7%は月に一度も米を食べていないということになる。女性(5%)より男性(9%)の方が食べない人が多く、どの世代でもその傾向が見られた。特に若い男性の米離れが深刻で、20代(18%)、30代(11%)が多かった。女性も若い人ほどその傾向が強い。ただ、男女とも3割が「今後増やしていきたい」との意向を示している。
和食の基礎となるだしを自分で取る人は28%にとどまり、顆粒(かりゅう)や液体のだしを使う人より18ポイント低い。料理の習慣も、男性の中で全く料理をしない人は3割に上る。和食文化が生活の中で薄れつつあることが浮き彫りになった。
食材を買う場所も多様化している。主に購入する場所はスーパーが最も多いが、コンビニエンスストアも20~40代の男性の約半数が回答した。ドラッグストアも20、30代女性の3割が回答した。
農水省は今月、この調査結果など日本人の食生活の実態を明らかにした報告書をまとめた。報告書には自身の食生活を振り返り、和食文化の大切さを知ってもらうためのチェックシートも載せ、和食文化を継承するための方法も紹介している。
         
            
食生活の多様化は、さまざまな場面で問題になることがあるけど、体の細胞は「食」からその材料を得ているわけだから、食の内容が身体の構成や健康に影響を与えても不思議ではないよね。
アトピー性皮膚炎の症状悪化、あるいは発症原因としても、食生活の中で「脂質」のバランスが問題になることがあるように、基本の「食」が変化することは、必ずしも良い変化を生むとは限らないと思うんだ。
食の内容は、今一度見直してみる必要があるのかもね。

                 
おまけ★★★★大田のつぶやき

乳酸菌は日頃の食事の中から得ることができますが、日本人の場合、和食から得られる乳酸菌は欧米のような動物性とは違い、植物性のものが中心です。
こうした「菌」の変化が、体に影響を与えている、という説もありますから、日頃の「基本」となる食事は、「良い状態」に保てるように意識することは大切なのでしょう。