今年の目標を「書きだそう」

明けましておめでとう。

              

                

              

 

              

            

             

今年もよろしくじゃ。

さて、日本には「書き初め」という風習がある。

もともとは宮中で行われおった儀式のようじゃが、今では、小中学校の冬休みの宿題として、書き初めを提出しなければならないところも多いのではないじゃろうか?

こうした書き初めの場合、その年の目標を書くことが多いようじゃ。

本来の書き初めは、詩歌を書いておったようじゃが、簡単な単語で目標を書くことが一般的なようじゃの。

この書き初めは、一つ大きな意味合いがあるように思う。

年初に、今年の目標を考える人は多いと思うが、だいたいの人は一カ月もすれば、目標を立てたことすら忘れておるじゃろう。

しかし、「何かの目標」を立てた場合、その目標を忘れずに行動することは、非常に大切なことじゃ。

「継続は力なり」という言葉があるように、ある行動を継続するためには、継続していくだけの意味合いが必要になる。

そうした点において、年初に何か目標を立てたならば、ぜひ、その目標を書いて、いつも目にする場所に貼っておくようにしたいものじゃ。

もちろん、書き初め、で書きだすまでしなくもよい。

ただ、毎日の生活の中で、少しずつ「必要な行動」が後回しにならないよう、意識して高度するためにも、目標を持つこと、そしてその目標を忘れないようにすることは行うと良いじゃろうの。

アトピー性皮膚炎の方の場合も、いろいろな目標を持つじゃろう。

そうした目標は良いことじゃし、目標に向かって行動を「続ける」ことも大切なことじゃ。

ぜひ、今年の目標を何か持ち、その目標に向けて継続して行動し続けることを実現して欲しいの。

今年一年が、皆にとって良い年となることを祈っておる。

                        

おまけ★★★★北のつぶやき

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

今日、博士が書いていた「目標」とは、行動するための「規範」の一つのように思います。

私も、今年は毎月一人以上、アトピー性皮膚炎の研究を行っている方を取材することを目標にしたいと思っています。

今年も、あとぴナビをぜひご覧くださいね。