2015年あとぴナビ冬号より「冬のアトピーケア」(4)

北です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                   
今日は、昨日の続きで、寒い時期の入浴法について述べたいと思います。
             
            
●冬にあわせた適切なケアでお肌の状態アップ!
(あとぴナビ2015年冬号より)
             
        
■冬の時期の入浴の方法とは?
               
これまで述べてきたように、アトピー性皮膚炎の方、特に冷えの症状を自覚している人は、まず「血流を促進する」という入浴を行うことが必要になります。
そこで今度は、冬の時期、どういったことに気をつけながら入浴を行うことが大切なのかを考えていきましょう。
          
・温度を高くなりすぎないように気を付ける
         
外気温が下がってくると、入浴は心地よく感じます。そのため、冬の時期は特に、体が冷え切っていると「温まりたい」という意識もあって、湯温が高めになる傾向がみられるようです。
しかし、ヒトの体は高い温度に適応することは難しいところがあります。ヒトの深部温度は、体温計で測る温度より約1度ぐらい高く、37度台となります。風邪の場合も、たまに高熱が出ますが、それでも40~41度ぐらいでしょう。
これは、深部温度で42度以上となった場合、内臓機能の著しい低下から生命維持に支障が生じることがあるため、自律神経が熱の「上限」を設けて、その範囲内で上げている、ということです。
体の熱は、血流で運ばれることは先に述べた通りですが、お湯に入浴した場合、皮膚から熱が血液に伝わり、体中に運ばれます。
この熱が、「体が許容する範囲」の温度であれば、大きな問題はありませんが、内臓機能に支障が出そうな温度であった場合、体はその熱を「運ばないよう」に働くことになります。高温のお湯に入ると、時間と共に息苦しさを感じた経験を持つ方は多いと思いますが、これは体の防衛反応として、その「お湯の温度が危険」であることを自覚させている、と言って良いでしょう。
つまり、高い温度のお湯に入ると、こうした体の防衛機能が働くことで、深部においては「血流が悪くなる」という現象が起きるわけです。よって「血流を良くする」という点を目的で入浴するならば、高温での入浴は不向きと言えます。
高い温度で入浴した後は、入浴直後は汗も多く、体も火照って熱く、温まった感じがしていたのに、時間が経過したらすぐに湯冷めしてしまった、という経験をお持ちの方も多いと思いますが、これも、高い温度を体が受け入れないように働いたため、体の芯から温まることができなかった、と言えるでしょう。
そして、高温での入浴「入浴後の乾燥を強くする」ということにもつながります。高い温度での入浴は、冷めやすいので、入浴後の汗や皮脂の分泌量が少なく、またそれらの出る時間も少なくなります。そうすることで汗と皮脂が自然乳化してできる皮脂膜が不十分で、しかも、保水効果も不十分になり、乾燥しやすいという状態がおきやすくなります。
このように、高い温度での入浴は、「冷えの解消につながらない」「皮膚の乾燥を招く」という点で、アトピー性皮膚炎の方にとって「良くない入浴方法」であると言えるでしょう。
             
・高温浴に気付かないケースに注意
お風呂場の温度表示は、常に正しいとは限らない
            
最近の浴槽は全自動のバスも増えてきていますが、お風呂のお湯は時間の経過とともに「冷めていく」ため、その分を見越して、設定した表示温度よりも若干高い温度になっていることがあります。
「今日は寒いから、お風呂のお湯も冷めやすいだろうし、40度ぐらいなら大丈夫かと思っていたら、水温計で測ったら41.5度だった」
という話は良く聞きます。
最初に説明したように、わずか1.5度の差かもしれませんが、体温で1.5度上昇することは、先にも述べたように、血流悪化と皮膚の乾燥に、影響を与えることになる場合が多いことを理解しておきましょう。
冬の外気温が低く、お湯の温度が冷めやすい、という条件を加味したとしても、「冷えの解消」を目的で考えた場合の「アトピー性皮膚炎の方が行う入浴」の温度としては、40度以内にとどめる、できれば39度に設定するようにすることが大切でしょう。
そのためには、39度くらいでも十分に温まることができるように、お湯の質を改善したり、入浴剤などで入浴効果を高めておくことも重要になります。アトピー性皮膚炎の方の場合、水道水のお湯では、低下した血流・代謝機能を十分に高めることができず、かえって皮膚の乾燥まで招いてしまうこともあるので注意が必要です。
             
■入浴時間と入浴回数を確保する
              
血液は、心臓を出て体を一巡りして心臓に戻るまで、5分程度かかります。血流を良くして、体の隅々まで体温より僅かに高い熱を運ぶためには、4巡以上は必要とされていますので、入浴時間は20分以上を行うことが大切でしょう。
ただし、「体力を失う」ことのないように注意しましょう。血流を良くするプラス点、体力を失うマイナス点の境界線は、年齢や体調、生活環境(仕事などの疲れ、睡眠のとれぐあいなど)により、個々人で異なります。自分にあった無理のない入浴時間を設定するようにしましょう。
なお、最初の目安としては、乳幼児の場合には10分前後、小児の場合は10~20分、成人の場合は2
0分以上において、体調などを見ながら増減させると良いでしょう。
また、「毎日、必ず決められた時間を入浴する」ことを義務化させる必要はありません。これまで述べたように、ヒトの体調はその日ごとに異なることが多いものです。
体調が悪いは「悪い日なりの入浴」で構いません。自分の体調に合わせた「無理のない入浴」を行うようにしましょう。
そして、もう一つ考えたいのは、「入浴回数」です。ぬるい温度で入浴することで、体の血流は良くなり、冷えの状態は一時的にでも解消の方向に向かいます。その後、再び冷えの状況に向かうわけですが、冷えの状態を少しでも減らすためには、一日複数回の入浴を行うようにしたいものです。
毎日夜一回の入浴の人は、入浴後は24時間、冷えの状態を改善するケアができていないことになります。毎日朝晩一回ずつ入浴する人は、その時間は12時間に減少します。一日等間隔で三回入浴すれば、冷えの状態はさらに8時間に減少されます。
仕事や学業など、日常生活行動と兼ね合わせて、あまり多い回数の入浴は行えない方が多いかもしれませんが、できるだけ「冷えの解消」「アトピー性皮膚炎の改善」という目標を持って入浴を行うのであれば、朝晩合計二回の入浴は心がけるようにしましょう。
一日一回の入浴と二回の入浴は、体に与える「効果」の差は二倍ではなく、もっと大きくなります。
そして、その入浴を毎日反復継続して行っていくと、日にちがたてばたつほど、その差は加速度的に大きくなります。
無理のない形で続けていくことが大切です。しかし、入浴回数の「差」がその効果の「差」として現れることがあることも忘れないようにしましょう。

                                    
冷えの対策、ということを考えた場合、やはり必要なのは、「血管を拡張するための入浴」「血管を拡張させる時間帯を伸ばす」という2点でしょう。
特に、アトピー性皮膚炎の方の「誤った入浴」で最も多いのは、「温度の間違い」です。
この場合、誤った入浴は皮膚の状態に対しては「マイナスの要因」となります。
プラスの影響を与えるのか、マイナスの影響を与えるのか、大きな分岐点ですので、温度には十分注意してください。

明日は、入浴の最後で、入浴環境を考えてみましょう。

                          
おまけ★★★★大田のつぶやき

過去、ブログでも何度も繰り返して述べてきましたが、入浴方法として「温度」を誤って入浴している方は結構、多くおられます。
その温度の改善してもらうだけで、お肌の状況も大きく良くなったという事例もありますから、入浴温度は十分気をつけましょう。