就寝前にコーヒーは良くない?

こんにちは。南です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                    
アトピー性皮膚炎の方にとって、睡眠は克服のためにとても重要な要因となる生活習慣ですが、さまざま理由で、まとまった睡眠がとれない、という方は症状が重い方になればなるほど多くなる傾向があります。

・痒みのため
・受験や仕事のため
・趣味(ゲームなど)のため
・なんとなく眠れない

こうした理由の中で最も多いのは、やはり、痒みのために眠れない、というものですが、中には日頃の生活習慣で「眠れない」というケースもあるようです。
特に気をつけたいのは、就寝前の「嗜好品」でしょうか。
例えば、「コーヒー」などは、就寝前にはカフェインの影響で覚醒させるため、眠れなくなる、といったことは一般の方のイメージでもありますが、実際の研究でも体内時計に影響を与えることが分かったようです。
         
        
●夜のコーヒーに体内時計乱す作用、米研究
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150917-00000004-jij_afp-int
            
寝る前にコーヒーを飲むと、予定の就寝時間に眠りにつくのが難しくなり、朝起きるのがさらに辛くなるのは、カフェインによって体内時計が乱されるからだとする研究結果が16日、発表された。
       
米研究チームが米医学誌「サイエンス・トランスレーショナル・メディシン(Science Translational Medicine)」に発表した研究については、カフェインを含む飲料を夜に飲むことで就寝と起床が遅くなる理由を説明するだけでなく、将来的には、時差ぼけの影響を抑える目的でカフェインを使用するのに適したタイミングについてのヒントをたらす可能性もある。
研究は、被験者5人を対象に行われ、それぞれに、就寝3時間前にダブル・エスプレッソの含有量に相当するカフェインを摂取させる、明るい光にさらす、プラセボ(偽薬)を与えるといったタスクを無作為で与えた。
被験者をさまざまな条件下に置いて調査するこの実験は49日間にわたり実施された。その間、被験者の唾液を定期的に検査し、睡眠と覚醒の周期を自然に調節するホルモン「メラトニン」の濃度を調べた。
論文によると、低光量の条件下でカフェインを摂取させた被験者は、約「40分間のメラトニン概日(24時間周期)のリズムの位相後退(遅い時間へのずれ)」を経験したことが、今回の実験で分かったという。
他方、就寝3時間前に明るい天井照明にさらされた被験者では、体内時計に85分間の遅れ、またカフェイン摂取と明るい光の両方の条件下に置かれた被験者は、体内時計に105分間の乱れが生じた。
米コロラド大学ボルダー校(University of Colorado at Boulder)のケネス・ライト(Kenneth Wright)教授は「世界で最も広く使われている向精神薬のカフェインが、人間の体内時計に影響を与えることを示したのは、今回の研究が初めてだ」と語り、また「この研究は、カフェインが人間の生理機能に及ぼす影響に関する最新の興味深い知見をもたらすものだ」と続けた。
今回の研究結果は、寝る前のカフェイン摂取は避けるようにとの一般的なアドバイスの説得力を高める一方で、カフェイン適切な使用が時差ぼけを回避するために体内時計をリセットする一助となり得る「興味深い」可能性を秘めたものと論文は述べている。
だが、日付変更線を横断する旅行者が眠らずに活動を続けるための、カフェインの最も効果的な利用方法を決定するには、さらなる研究を重ねる必要がある。「このような条件下でカフェインが誘発する睡眠の乱れについては、時差ぼけを悪化させる恐れがあり、経過の観察が重要になる」と論文は指摘している。
        
         
記事にあるように、体内時計に影響を与えることで、睡眠のリズムが「狂う」ことになるようですが、嗜好品として摂取している方の場合、就寝前でも飲む方は比較的、見かけます。
アトピー性皮膚炎にとって、睡眠は、自律神経や内分泌の点からも、とても重要な要因なのですが、睡眠にマイナスの影響を与えることはなるべく避けた方が良いでしょう。

また、なかなか眠れない方で、「寝酒」を行う方がいますが、たまにたしなむ程度は良いのでしょうが、お酒そのものが痒みを誘発することで、かえって眠れなくなった、というケースもあります。
毎日の飲酒は良くないですし、飲酒することで体が火照り、痒みが生じるような方の場合には、避けるようにしましょう。

                          
おまけ★★★★大田のつぶやき

アトピー性皮膚炎の方で、一つの行動に「正当な理由」、あるいは「やむを得ない理由」をつけて、「だから仕方ない」と考える方がおられます。
例えば、「試験前だから夜遅くまで起きて勉強するのは仕方ない・やむを得ない」、「仕事の付き合いがあるからお酒を飲むことは仕方ない・やむを得ない」といった感じです。
ただ、考えて欲しいのは、こうした本人にとって「正当な理由」「やむを得ない理由」があったとしても、体は、行った行動に対して比例した反応を示すことになる、とういことです。
状態がいったん落ちると、回復するまでに、相応の期間を要することは多くの方が経験していることかと思います。
できれば、そういった理由を「回避」できることも考えて欲しいところです。