慢性的な痒みの原因について、九大を取材してきました。

東です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                  
さて、九州大学がアトピー性皮膚炎に伴う慢性的な痒みについて、新しい原因細胞を特定した、というニュースリリースを、以前、紹介しましたが、その際、研究を行った津田誠教授に取材を申し込んだところ、ご快諾いただき、先日、九州大学の方に取材で伺いましたので、ご紹介したいと思います。

まず、ニュースリリースされた概要は、下記のとおりでした。

●アトピー性皮膚炎に伴う慢性的な痒み ~新しい原因細胞を特定~
http://www.kyushu-u.ac.jp/pressrelease/2015/2015_07_21.pdf

◆概要
九州大学大学院薬学研究院ライフイノベーション分野の津田誠教授、白鳥美穂学術研究員らの研究グループは、皮膚を激しく引掻くアトピー性皮膚炎モデルマウスを用いて研究を行い、痒い皮膚と神経で繋がっている脊髄後角で「アストロサイト(※1)」と呼ばれるグリア細胞(※2)が長期にわたって活性化していること、一方でこの活性化を抑えることで慢性的な痒みを鎮めることができることを発見しました。また、活性化アストロサイトが作り出すタンパク質が、脊髄後角ニューロン(※3)での痒み伝達物質の作用を強めることも明らかとしました。
この研究成果は、アトピー性皮膚炎に伴う慢性的な痒みのメカニズムに、これまで注目されていなかった細胞の重要性を明らかにしたもので、その解明へ向けた大きな一歩となり、将来的に痒みを鎮める治療薬の開発にも応用できることが期待されます。
本研究成果は、2015年7月20日(月)午前11時(米国東部時間)に、米国科学誌『Nature Medicine』のオンライン版で公開されました

                      

               
今回の取材では、まず津田教授に、プロジェクターを用いて、研究内容をレクチャーしていただきました。ニュースリリースでは省略されていた内容も分かりやすくご説明いただきました。

取材した内容の大まかなポイントは次の通りです。

                      

1.アトピー性皮膚炎の初期段階における痒みと、慢性化した場合の痒みは、その神経伝達の内容を調べると異なることが分かった。

2.したがって、慢性化した痒みの場合、皮膚表面における原因(バリア機能の低下、アレルゲンの関与、感染症など)に加えて、神経伝達の部位による 原因が関係してくる。

3.痒みと痛みは、別の神経系統による伝達が行われるが、痛みの刺激は、痒みの刺激を「上書き」するような形で優先して伝えられる。

                            
つまり、アトピー性皮膚炎で痒みが発現、継続する仕組みは、「発症初期の状態」と「慢性化した状態」とでは、異なる部分があるということです。
発症初期は、皮膚のバリア機能低下、黄色ブドウ球菌の関係など、皮膚の機能が原因となったり、アレルゲンなどアレルギー反応により生じた炎症により痒みが現れるわけですが、慢性化してくると、そういった痒みに加えて、脊髄における神経伝達の仕組みの中で、痒みを増強、継続化させている、ということです。
どういった仕組みのなのかは、かなり長い説明が必要なため、今後、あとぴナビで取材した内容を紹介しますから、そちらをご覧いただければと思いますが、こうした神経での痒みが作られていく過程を減少させていくためには、まず皮膚を健常な状態に戻すことが大切になり、そのためには、適切なスキンケアを行うことが必要だということが分かります。

さまざまなエビデンスについては、マウスでの実験を元に説明いただきましたが、興味深いことに、痒みのニューロンを伝えやすくなる原因として考えられている「アストロサイト」は、脊髄において、炎症が広がっているところの近くは活性化され、炎症が広がっていないところは、落ち着いた状態でした。

(マウスは、主に後ろ足で引っ掻くため、炎症部位は上半身に集中していて、上半身の脊髄においてはアストロサイトの活性化が見られたが、掻き壊しが少ない下半身の脊髄では、健常なマウスと同じ状態にアストロサイトが抑えられていた)

この「アストロサイト」とは、神経につながっているグリア細胞の一つなのですが、アストロサイトの活動を抑制(アストロサイト内で働いているSTAT3と呼ばれるタンパク質を抑制)することで、引っ掻き行動も抑制されます。単純な痒みは、アストロサイトとは関係なく伝達され、そして解消されていくわけですが、アストロサイトが関係する痒みは、脊髄において「作られる」ことで、より掻破行動を促進、掻き壊していく悪循環が作られていく、ということです。

考えてみると、確かに、「痒み」とはあくまで脳が知覚して「掻く」という行動を引き起こしているわけですから、「神経」という観点から考えていくことは、一つの解決への糸口になるのかもしれません。
特に、今回分かった「痒み」という情報を伝達していく中で、特定の細胞が活性化して、そうした「痒み」を神経伝達のサイクルの中で作り出し慢性化させていく可能性がある、ということは、今後、よりこうした神経における分野を注目していく必要があるように思いました。

今回の取材の概要は、10月号のあとぴナビレターにて速報版を、そして詳細については、先生からお借りした詳細な資料を元に、あとぴナビ冬号(12月号)にて、掲載する予定ですので、お楽しみに。

                          
おまけ★★★★東のつぶやき

取材の際、お伺いした話しの中に、現在、九州大学で取り組んでいる「エコファーマ」という活動のことがありました。
薬剤には、目的とする効果にて承認され、使用されるわけですが、一つの効果しか持たないことは稀で、ほとんどの薬剤が複数の効果を持ちます。
期待していない効果は、「副作用」として注意されることがありますが、副作用以外の効果で有益な効果をもたらすこともあります。
エコファーマとは、こうした薬が持っている知られていない効果を調べることで、新薬の開発にかかる莫大な費用と期間を省略しよう、という活動です(既知の薬剤の場合、安全性などもある程度、担保されているため)
今回の、アストロサイトを抑制する既知の薬剤なども調べているとのことでしたが、数千種類の薬を一つずつ調べていかねばならないそうです。
お忙しい中、取材をお受けいただいた津田先生に感謝いたします。