ステロイド剤のリスクを考える(2)

昨日は、現状のアトピー性皮膚炎における、ステロイド剤に対する患者側の「リスク」に対する理解、そして医師の説明がどういった状況にあるのかを述べた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                         
今日は、ステロイド剤が抱えるリスクについて述べたいと思う。
          
          
(1)痒みの全てに対応できない

アトピー性皮膚炎に対して患者が抱く最も不快な症状とは「痒み」じゃ。
この「痒み」の原因は主に二つある。
一つが炎症から生じる痒みで、IgEなど免疫機能が関わっておる。
もう一つが皮膚の乾燥状態により角質層内に伸びた痒みを知覚する神経線維が皮膚に対する刺激を痒みと認識しやすくなる点じゃ。
ステロイド剤がアトピー性皮膚炎に対して用いられる主な「理由」は、免疫抑制作用により炎症を抑えることで、間接的に炎症から生じている痒みを抑える、ところにある。
つまり前者の痒みを目的としておることが多い。
一方、後者は、痒みにより生じた掻き壊しが「炎症」を生じさせ、その炎症から二次的に生じる痒み対しては効果があるが、痒みに対する知覚線維が伸びてくる問題には、あまり関われない。もっとも、ステロイド剤の基材はワセリンやクリームなどが使われておるから、その基材が持つ保湿機能が、ある程度の水分蒸散を抑えることで角質層の水分保持アップ(角質層内の水分が保持されることで、痒みを知覚する神経線維を元の表皮内に戻るので)につながることで、痒みを緩和する効果を持つが、無論、これはステロイド剤のベネフィットではなく、保湿剤などスキンケアアイテムで十分カバーできることじゃ。
このように、ステロイド剤は、アトピー性皮膚炎により生じる痒みの全てに対して対応ができておるのではないから、痒みの原因がステロイド剤のベネフィットの恩恵を受けれない場合、その効果は限定的になり、長期使用になりやすい、ということが言えるじゃろう。
              
                    
(2)ステロイド剤は痒みを治してもアトピー性皮膚炎は「治せない」

患者は、ステロイド剤の使用により痒みが収まると、それをイコールで「アトピー性皮膚炎が治った」と結びつけてしまう。
じゃが、風邪を引いて高熱が出た場合に使用する解熱鎮痛剤で熱が下がっても、それが「風邪を治している」ことに直接つながっているわけではないのと同様に、アトピー性皮膚炎の「痒み」を抑えることは、アトピー性皮膚炎を治すことに直接つながってはおらん。
風邪の際の高熱は、熱を上げることでウィルスや細菌の増殖を抑えようとする働き、つまり体にとって防衛機能でもある。その防衛機能を解熱鎮痛剤で下げることは、生体にとって好ましいことではなく、したがって引き続き熱を上げようとすることで、薬剤の効果が薄れれば(解熱の効果)、再び熱が上がってくることになる。
アトピー性皮膚炎の場合も、痒みは「掻く行為」につながり、その掻く行為に意味がある。
痒みを必要とした何らかの原因、つまりアトピー性皮膚炎という疾患の原因があるわけじゃが、その原因が解消されない限り、体は「痒みを必要」と考え、痒みを出し続けようとするじゃろう。
無論、体は病気を治そうとする力が常に働いておるから、痒みを抑えている間に「偶然」、アトピー性皮膚炎という疾患そのものを治すことができる場合もあり、そうした場合には、薬の効果が切れても再び痒みが生じることはなく、患者はアトピー性皮膚炎が「治った」と認識するじゃろう。
風邪の場合も同様で、解熱鎮痛剤を使用している間に、ウィルスや細菌の増殖を免疫力で抑え込むことができれば、風邪そのものが「治る」ことになる。
ただ、風邪とアトピー性皮膚炎の違いは、風邪の場合、熱を下げることが風邪を治す治療につながっているとは(体力の回復、など一面をのぞいて)、医師はもちろん患者の多くも考えてはおらんじゃろう。ところが、アトピー性皮膚炎の場合、同じ意味合いで薬剤が使用されておるにも関わらず、患者は(場合によっては、処方している医師も)ステロイド剤がアトピー性皮膚炎を「治している」と誤解することが多いのじゃ。
痒みを抑えることで間接的な要因が加わり(夜、眠れるようになる、掻き壊しが少なくなることでバリア機能が保持され皮膚機能から生じる要因を減少させる、など)、結果的にアトピー性皮膚炎が「治った」状態を保てることがあるかもしれんが、それらはステロイド剤が持つ、そしてアトピー性皮膚炎に対して使用される本来の「免疫を抑制する」という目的に必ずしも合致した結果、ということではない、とも言えるじゃるろう。
今日は、二つのリスクについて述べてみたが、文章がまだかなり長くなるので、続きは明日じゃ。

                    
おまけ★★★★大田のつぶやき

今日、博士が取り上げたリスクの一つ目、「痒みの全てに対応できない」というのは、意外と気をつけなければならない項目と言えます。
特に問題が生じやすいのは、アトピー性皮膚炎の場合、複数の痒みの原因が同時に関わるケースが多く、そのときどきで、痒みを引き起こす原因の「強さ」が変化することで、今日は薬の効きが良くても、明日は悪くなった、でも明後日はまた良くなった、という状況によって、影響の現れ方が異なりやすい、ということでしょう。
この部分を見誤ると、長期連用につながりやすいので、アトピー性皮膚炎の原因と、薬剤が働きを示す部分がどこにあるのかは、ある程度、把握しておいた方が良いでしょう。