仕事にいくと症状が悪くなるのはなぜ?

こんにちは。南です。

 

 

 

 

 

 

                    
さて、少し前に次のようなご相談をいただきました。

                               
●Aさんからのご相談内容

事務の仕事をしていますが、職場にいくと首が痒くなり、日によっては咳こむことが多くなります。
何か特別な化学物質のようなものを扱っているのではなく、普通の事務の職場だと思っているのですが、何が原因でしょうか?
家に帰ると、症状は不思議と落ち着きます。
精神的なものなのでしょうか?

                               
家では症状が見られず、外に出ると痒くなる、ということは、家の環境と外の環境の違いを考えてみることが必要になります。
Aさんが考えられているように、仕事に行くのに抵抗があった場合、精神的な面を検討することが必要になりますが、Aさんは特に仕事にストレスを感じることはなく、逆に仕事にやりがいを感じている状況で、また上司や同僚との関係も悪くなく、仕事面でのストレスが考えづらい状況でした。
そこで、ぜん息っぽい症状が見られているようでしたので、ハウスダストやダニアレルギーを疑い、職場の周りの状況をお伺いすると、事務所は倉庫内にある事務所で、設備なども古く、ホコリも溜まっている状況でした。
一応、自分の席の周りを中心にホコリなどを細かく除去してもらい、しばらくは仕事中にマスク(微粒子用のもの)をかけてもらいました。
そうしたところ、仕事中に痒くなることは、ほとんどなくなり、咳きこむこともなくなったそうです。
4月に入って、会社の健診があり、アトピー性皮膚炎があるためアレルゲンのテストを行ったところ、ダニとハウスダストに高い値が見られていて、職場でのホコリを除去したことで症状が落ち着いたところをみると、これが関係していた可能性は高いでしょう。

こうした職場でのアレルゲンに対する注意は、Webの記事でも出ていました。
          
         
●自宅や職場に潜む「チリダニ」はこんなに怖い
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150519-00070035-toyo-soci
             
花粉症の季節はとっくに過ぎているのに、くしゃみ、咳、鼻づまりなどの症状が続いている……。そんな方は、デスク周りを見直してみましょう。パソコンや電話、書類の間にホコリが溜まっていませんか? 
オフィスやご自宅などの家屋内には「チリダニ」が生息しており、行政機関も、アレルギー性鼻炎やぜんそくなどの原因「ダニアレルゲン」として注意を促しています。心当たりのある方は、まずデスク周りを掃除し、ついでに食生活も見直してみましょう。
         
■1グラムのホコリに3000匹! 
         
オフィスや、人家、ホテル、病院、映画館、バスや電車の座席など、人が集まる家屋内には必ずチリダニ(ヒョウヒダニ)という目に見えない小さなダニが生息しています。
「ハウスダスト」という言葉がすっかり定着しましたので、咳やくしゃみ、お子様のぜんそくの原因として、家屋内のホコリの存在があることは、なんとなくご存知かもしれません。しかし、「たかがホコリ」と思ってはいけません。ホコリ1グラム中には約3000匹のダニと約100万個のカビ胞子が含まれているのです。
チリダニは体長約0.2~0.5ミリと肉眼では見えないため、ヒトの口や鼻に入ってきて、アレルギー症状を起こします。また、目の粘膜につくと結膜炎や目のかゆみ、皮膚につくと皮膚炎やかゆみ、ひどい場合はアトピー性皮膚炎などに発展することもあるようです。
チリダニは、カーペットや椅子など、フカフカしたものに付着します。髪の毛やフケ、食べこぼしのパンくずなどをエサとするため、毎日、知らず知らずのうちに育ててしまっているかもしれません。吸血性のダニではないので人を刺したりはしませんが、花粉と同様、体調不良につながりかねない「目に見えない敵」なのです。
人が室内で仕事や生活をするかぎり、チリダニがこの世から消えることはありません。身につけている衣服にだって、生息しているかもしれないのです。ただ、湿度の高いところを好むので、除湿や殺菌をすることである程度は被害を避けられるでしょう。
毎日洗濯できないスーツは、高温殺菌のためにこまめにプレスしたり、コンビニでも購入できる除菌スプレーで除菌しておきましょう。デスク周りのホコリも、自分専用の掃除グッズや除菌効果のあるウェットティッシュなどでお掃除するのがいちばんです。
       
          
(以下、省略)
       
         
記事では、チリダニが取り上げられていますが、自宅の場合は自分でコマめに掃除を行っても、職場の場合、拭き掃除ぐらいですき間にたまったほこりは、年末の大掃除で・・ということも多いのではないでしょうか?
特定の環境で症状の悪化がみられる場合、こうした特定の環境下におけるアレルゲンなどの原因は、考えてみるようにしましょう。

                             
おまけ★★★★大田のつぶやき

職場、あるいは逆に自宅にいるときだけ痒くなる、といった特定の環境下における症状の悪化については、その「環境」における身体的、あるいは精神的な原因を探る必要があります。
精神的な面は、周囲の協力も必要なことが多いのですが、今回の記事にあるようなダニなどは、物理的な対策である程度、対応可能といえますので、気になることはしっかり対応するようにしましょう。